ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

ストーリーが退屈
アリサ

アリサの感想・評価

3.0
シニアがパリをロードムービーする話
素敵な映画だった。
アン(ダイアン・レイン)が趣味で撮るセンスの良い写真が度々挿入される。
ダンナ役のアレックス・ボールドウィンって、私の記憶の中ではすらっとしてて若かった。それがすっかり恰幅が良くなり白髪交じりになってたけど、素敵だなと思った(役どころは残念だけど)

仕事関係で知り合うフランス人・ジャックに振り回され、遠回りしてなかなか目的地のパリにたどり着けないアン。
フランス人って誇張じゃなく、こんなにもマイペースで享楽的で楽しむことが上手なの?だとしたら、いつもうつむいて辛そうに生きてる日本人も見習わなくちゃ…。
ダイアン・レインって、80年代にアイドル的な人気を博した女優さんでしょ?
息が長いなあ。しかも今もチャーミング。
見ているうちに気づいたけど、あぁ、なんだコレ。意外にもロードムービーなんだ。
大人のラブコメに気を取られてたけど、しっかりロードムービー形式。
こんな風に時間を贅沢に使って、流れる景色を見ながら恋や人生を軌道修正したり、リスタートしたいもんです。

アメリカ人が「フランス語は話せないの」と言って外国語が苦手な風景、カタコトな風景って新鮮。母国語が英語っていうのは勝ち組で、いちばん言語に苦労しなさそうな人種だと思ってるから。
ogu

oguの感想・評価

3.8
ダイアン・レインはとてもステキ!対してあの相手役が「いいから、いいから」とコトを運んでいくのが、ちょっとコワイ。
kidsen

kidsenの感想・評価

3.6
たくさんの素敵な風景、ロマンチックな演出、あまりにもまっすぐで、うざったいくらいだけど憎めない男性。

自分の幸せがどこにあるか、
自信を持って言える人生っていいなと思いました。

まわりからどう思われてるか、とか、嫌われないように、とか気にしがちだけど
そうではなく、自分の好きなことを大事にして生きていきたいなと、この映画をみておもいました。

フランス🇫🇷に行きたくなる!音楽もよい!
ちば

ちばの感想・評価

3.1
フランス人がアメリカ人を連れてフランスをめぐる旅の映画

フランス人の雑なところと変なこだわりがよくあらわされてる

ストーリーはばかつまらんw
makiko

makikoの感想・評価

3.0
落ち着いた大人のロードムービー。非日常の中でも分別のある主人公なので、こちらも安心して旅について行ける。素敵な空間でゆっくりいただく美味しい食事は心を満たしますね。終盤に立ち寄る教会も静かで厳かで素敵だった。
アンが趣味で撮影する写真が上手で、今風に言えばインスタグラマーみたい。昔買ったデジカメをひっぱり出して、ちゃんと使おうと思いました。
「今の日本のおかしな風潮に一撃」

アンを演じるダイアン・レインがとにかくカワイイ!!
近作ではかなり疲れて老け込んだような役柄が多かったですが、今回はセレブで色んなケアがバッチリな人妻。
ありゃ男がほっとかない。
フランス男ジャックに預けた旦那マイケルは何考えてんだ!
でもジャックもなかなかニクい。
不信感バリバリなのに行く先々がオサレスポットでインスタ映えした美味しい料理ばかり、さらに現地にも顔が利き、終盤にはその不信感が・・・・とどこまでが天然でどこまでが計算なのかが判らない。
恐ろしい・・・男にとっちゃあんな恐ろしい男が妻の近くにいるのは怖いとです。
そんでラストシーン観ました?
何ですかあのショコラを頬張ったアンの笑顔。
どんだけカワイイんですか?
ありゃ完全に・・・・
おさ

おさの感想・評価

3.8
ジャックのチャーミングな感じがたまらない!
ピクニックのシーンと何かと雑な車の扱いが好き
KENNYBOY

KENNYBOYの感想・評価

4.2
エレノア・コッポラ、そしてダイアン・レイン。素晴らしい。
緩く穏やかに、慎ましく。こんなに可愛くてロマンチックなロードムービーがあっただろうか。
ユーモア溢れる女性目線の大人の恋愛映画。いちいち美味しそうな料理と、美しいフランスの風景。
おいおい、それはさすが無いだろう、と思いつつも、気付いたら観客の自分もアルノー・ヴィアールに惚れているようなフランス人の男の隅に置けなさ。普通にドキドキする。

素敵な食材と”ショコラ”、オンボロの車、そして退屈で楽しい薀蓄に囲まれて。愛らしい。

「どうして自分をさらけ出さないんだ?
君はこんなにも美しいのに」