ボンジュール、アンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿された感想・評価

フランシス・フォード・コッポラ監督の妻が監督のロードムービー。フランス人が旅しながら人妻口説く話だが、あまりのシンプルさに微笑ましく、という感じ。ダイアン・レイン相変わらず綺麗さ保ち、ストーリー上の違和感なし。捻りほしいが、ラストショットは良し。‬
こぅ

こぅの感想・評価

4.6
コッポラファミリーついに妻エレノア、デビュー
作で自分を再発見する【ロード・ムービー】。

夫マイケル(恰幅アレック・ボールドウィン)は
映画プロデューサーとして成功し、娘は学校を
卒業、妻アン(ダイアン・レイン)はひょんな事
から夫の仕事仲間でフランス人ジャック(アル
ノー・ヴィアール)と2人きりでカンヌからパリ
に車で向かう事に。7時間で着く筈が…。

本作の良さは先ずジャケに滲み出ている。

テンポは絶妙、コンパクトに纏めた脚本。主要
人物はほぼ2人というシンプルさも良い。フランス
の景色(名所)に、出てくる料理とワインに、
昔からほぼ変わらない(良い歳の取り方をして
いる)チャーミングなダイアン(ファッションも)
に【眼福】する映画。

下心があるのか⁈見えない⁈見せない⁈ジャック
は常に紳士で、このスマートさは見習うべき⁈
向かう前に先ずランチ、車が故障しても全く焦ら
ずピクニックしちゃうし、道中、ガイドもするし、
有名な美味しい店にも案内する。そして、洒落た
事も出来て、いざキメる時にはキメるという正に
【男の理想】を絵に描いたような男。
女性から見ても実に魅力的に映るだろう。
この脚本にフランス人(恋愛感の相違)をキャス
ティングしたのも品を持たせる為だと言える。
(アレックと逆キャスティングならイヤらしく
なっていた筈。)
そんな彼に合ったニコニコ明るく前向きなアン
のキャラ設定も絶妙。

おはよう(こんにちは)、アン

作品の品を保った【最良のエンディング】も
心憎く、コッポラ奥さん、やるなぁ〜。

'18 5/202回目鑑賞。
may

mayの感想・評価

2.9
最後どうなったのー

風景、食事、写真、衣装、映像がすてき
♫思い切って 勘に任せてみようか
敷かれてるレールなんかつまんない
どこへでも行けるんだ
たまに迷うのも楽しいや♫
(スキマスイッチ「トラベラーズ・ハイ」)
こんな曲が流れてきそうな素敵な旅と人生の新たな一歩を描いた作品。

監督はフランシス・フォード・コッポラの妻で80歳で長編劇映画デビューしたエレノア・コッポラ。

素敵なフランスの風景と美味しそうな食事。
ゆったりこんなドライブしてみたい〜。
素敵な人と素敵な旅をすると人生に大きな転換点を与えてくれる…。
ラストのチョコレートの終わり方好き!
雪

雪の感想・評価

3.6
えー(; ゚ ロ゚)
結局アンは最後行ったの?行かなかったのー?(笑)
"Paris Can Wait" is the first feature film by Eleanor Coppola (wife of Francis Ford, mother of Sofia) at the age of 80 years. Nobody said, don’t mix up an entertainment and your private matters.
えーっと一体何を見せられているんだろう…って気分に。コッポラが昔の罪滅ぼしに、奥さんが80歳になった時にポーンっとお金を出して作らせてあげたっていう経緯。娘のパートナーのPhoenixの曲も劇中でかけちゃうわよっていう。そのエピソードだけで庶民はお腹いっぱいですぅ。
hanna227

hanna227の感想・評価

3.3
ステキな風景と美味しそうな食事
アレックボールドウィンっていつもこんな旦那さん役。
たしかに監督が80歳で初監督で本も書いて、って考えるとすごい。ずっとやりたかったことやったんだなと思う。
Chip

Chipの感想・評価

3.0
南仏最高!
ワイン最高!
歳をとってもいつまでも男女で居続けることへの憧れを掻き立てられる映画。
映像の美しさがまるで旅番組のようでほんまに南仏戻りたくなる。
あの日々が懐かしくなる映画。
さばつ

さばつの感想・評価

3.5
んーーーー、フィーリング映画!!
ビフォアサンライズ的な感じかな??
会話とその町の風景を魅せていくような。

アメリカ人女性とフランス人男性の
パリへ向かうドライブ映画。
フランス好きの自分にとっては
とても美味しい映画。
食べ物も建物も自然もほんとに
美しい。

起承転結はっきりとしてるものが
好きな人には少し退屈な映画かもしれないけど…
わしはこのおしゃれを感じ取って系の映画中々好き笑
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
リッチなアメリカ人マダムが、リッチな夫と一時別行動。
フランス人男性とカンヌからパリまでドライブするよ!そんでもって美味しいもの食べて観光して綺麗な景色見てバチバチ写真撮るよ!
50代以上のアメリカの裕福なフランス好きおばさま向け観光誘致映画。
とはいえ、主人公がいきいきと若く、美味しいものを食べて綺麗に装って楽しんでいる様子はいいね。
内容のチャラさを、主人公の気品と、画のきれいさでカバーしきれてるし。
最後もロマンチックだしね。人間、恋も食も旅もいつまでも楽しんでいきたい。しかしラストカットのカメラ目線は…。

実際マジで南仏はいいしフランスの食は最高だと思うし、人生に一度してみたいドライブだね。