うーたん

検察側の罪人のうーたんのレビュー・感想・評価

検察側の罪人(2018年製作の映画)
5.0
主演二人の芝居が圧倒的熱量で目が離せなかった。原田監督の作風には好みが別れそうですが、私はその嗜好の一線を越えて、俳優の演技に魅了され続け、かなり楽しめました。
二人の演技が完全にアイドルを逸脱する瞬間が、最高にスリリング。
全編誰かがずっとしゃべっている映画で、あまりの情報の多さに多少めまいがしましたが、そのセリフの洪水の中で、木村拓哉が怒りを爆発させるシーンは無言の演出。正義の怒りに震える検事が、血の涙を流しているように見えて圧巻でした。それと、この映画でもっとも素晴らしいシーンは、二宮和也が被疑者聴取で見せた鬼気迫る演技でしょう。ここは間違いなく本作の白眉です。
結末は評価が分かれるところかもしれません。私は好ましく思いました。
「誰かの正義は、他者から見れば悪かもしれない」そして「人が人を裁くことの難しさ」など多面的で多層的なテーマが描かれています。
物語の結末を単純な勧善懲悪で結んでしまっては、せっかくのテーマを矮小化してしまうことになりますから、この結末で正解なんだと思います。
正しさとは何なのか。生きていく上で誰もが考え続けなければならないこと。
タイトルのとおり「検察側の罪人」に堕ちた彼があのあとどうなったのか。
描かれていない本当の結末、その裁きは観客に委ねられています。それぞれで考えて、それぞれの結論を出せばいいのだと思います。
公開されたらもう一度見に行きたい。
心に傷痕を残す映画です。