ディー

検察側の罪人のディーのレビュー・感想・評価

検察側の罪人(2018年製作の映画)
4.5
脚本(原作未読)、俳優陣、
映像演出、音楽共に完成度が高く、
非常に面白い映画でした。

人にはそれぞれの正義と価値観が存在し、同じ価値観や正義は交わっても、正反対のそれが交わる事は無い。
その煩わしさと、人を守り幸せにする為の法律が間違った方向に働いてしまった結果と、ある男の大いなるエゴは、一人の優秀な国家権力を持った人間を狂わせた。
罪を背負い、心は変貌を遂げ、
あるべき姿から大きく離れてしまった。
しかし、そこにはやるせない原因と理由が存在し、
共感できないものでは無い。

取り返しのつくことはない、
やるせない映画。
しかし、非常に濃密で、リアルで、
登場人物達の人間臭さで感情移入が容易く、
「自分であったら?」と、
想像力を働かす事が出来る映画でした。