くう

検察側の罪人のくうのレビュー・感想・評価

検察側の罪人(2018年製作の映画)
3.3
東宝試写室。
観賞後感のドンヨリが半端ない。沖野はこのあとどうなってしまうのか。確かにこうなっても良かったのかも知れないけれどもこれでは検察官でいる意味なんてない。モンモンと考える。

お洒落な演出と同じフレーズ繰り返す音楽が不気味に思えた、ラスト。

二宮和也の厳しさと熱さと優しさ、綯い交ぜる演技、やはり上手いなぁ。

正しさを追う沖野と共に歩む橘を演じる吉高さんもすごく良かった。木村さんも強さから弱さまでの表情の差。

そして何より誰より、松倉をあそこまで気持ち悪く演じた酒向芳さん、すごい!

ただ、『関ヶ原』の時にも言われていた「時間経過のすっ飛ばし方」「分かりにくい専門性」は前半1/3くらい感じたところ。原田監督作品の特徴なのか(笑)汚職関連は「分かったような感じで見てね」って感覚。

話が老夫婦刺殺事件に入ってからは、もうガッツリ。

後半は目が離せず、うわぁ!と思いながら見て、突き落されるようなラスト。夏に見るには涼しくなってちょっとイイかも知れない恐さ。堅い物が観たい方にお薦め。