qudan

検察側の罪人のqudanのレビュー・感想・評価

検察側の罪人(2018年製作の映画)
4.0
会話劇としてテンポよく秀逸。
リアリズムではない、まるで劇画!なテンションも良い。

序盤に様々な情報を提示するので理解が難しいかと思ったが、最初に示したテーマに沿っているので観やすい設計。

キャラクターの配置も良く、事件の難解さではなく関わる人間の心の変化に重きが置かれている。

悪には罰が下る・罰が下るなら悪、という公正世界仮説の視点で見るとラストにモヤる気持ちも残るが、100%の正義はないという劇中の視点に立てば、検察側の罪人に罰が下らないラストも味わい深い。