検察側の罪人の作品情報・感想・評価

「検察側の罪人」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

4.0
会話劇としてテンポよく秀逸。
リアリズムではない、まるで劇画!なテンションも良い。

序盤に様々な情報を提示するので理解が難しいかと思ったが、最初に示したテーマに沿っているので観やすい設計。

キャラクターの配置も良く、事件の難解さではなく関わる人間の心の変化に重きが置かれている。

悪には罰が下る・罰が下るなら悪、という公正世界仮説の視点で見るとラストにモヤる気持ちも残るが、100%の正義はないという劇中の視点に立てば、検察側の罪人に罰が下らないラストも味わい深い。
haisland

haislandの感想・評価

2.5
よーわからん
Ayano

Ayanoの感想・評価

2.6
ストーリーは面白かったけど、まぁ・・・普通かな。暇つぶしにはいい!悪くはないけど、とにかく普通。
もともとは小説みたいだけど、まさにそんな感じ。本で読んだら面白そうだった。
sa

saの感想・評価

2.0
最初から最後までよく分からない映画だった。
なお

なおの感想・評価

2.8
ラスト納得いかない…
後半の展開もなんかな…
ら

らの感想・評価

3.2
今年28本目

このレビューはネタバレを含みます

2020-14

エリート検事の最上(木村拓哉)とその後輩で最上を尊敬する沖野(二宮和也)。とあるひとつの殺人事件で、容疑者に浮上したある男を執拗に追う最上。最初は最上と同じく犯人と決めつけていた沖野だが、本当にこの男が犯人なのか?最上は無理やりこの男を犯人に仕立てあげようとしていないか?と、次第に疑問を抱き始める……。

言いたいことはわかるし、やりたかったんだろうな、ってこともわかる。でも、全体的に足りない。し、映像化するのはむずかしい話だったのではないかなあと。

ただ、まず話がややこしくてむずかしい。
丹野の話・過去のゆきさんの事件の話・インパール戦・今回の事件…複数の話がバラバラと散らばっており、唐突に語られるので理解が追いつかない。
やたらとむずかしい会話を淡々と話されるので、置いてけぼりを食らいがち。

人の感情や心情の描写が少し雑。
沖野の葛藤はもっとあってよかったし、松倉が無罪になったときの最上の心情もあまりはっきりと描かれていない。
名前忘れたけど、犯人を打ち殺す時の最上のどうしようもない感情はよかったかな。あと丹野の無念を思うところもよかった。

沖野と橘のラブシーンは必要だったのか……?というかいきなり過ぎてついていけない笑
丹野の葬式とか河原での踊りとかもよく分からんかった。(新興宗教?)

二宮くんの早口の尋問のとこはすごかったなあと思うけど、対立を謳っているのに対立するシーンは少なめな気がする。
これはキムタクとニノっていう
キャストで話題になったんかな?



珍しく邦画チョイスしたから
ちょっと期待したけど…
私にはイマイチでした(´-`)



内容も大してなにもなかったような…
類似作品も多い中、特別良かった!
ってところが少なかったのです(ノω・`)



まあ、好みやろうけど(。・・。)
あ、
吉高由里子の演技がちょい苦手やったけど、
これは見やすかった(。・・。)←
>|