検察側の罪人の作品情報・感想・評価

「検察側の罪人」に投稿された感想・評価

yukina

yukinaの感想・評価

3.0
期待し過ぎていたかもしれない。そこまでハマらず...反戦云々は少し分かりづらかった。松重さんのヤクザ好き。
bb

bbの感想・評価

3.2
正義とは何ぞや!?
AK

AKの感想・評価

3.3
ニノと吉高由里子の謎の絡み方のシーンで思考が停止した
torizo

torizoの感想・評価

2.9
きっと小説の方が楽しいんだろうなと想像してしまう作品。
撮り方なのか、演者なのか、凄いこと起きてるし、正義の定義という深いメッセージ性があるのに、退屈。
Moto

Motoの感想・評価

3.3
キムタクいれば3割り増しになる魔法を除いて
のめり込ませる力は強く、面白く感じるが

展開が早すぎるのと説明不足な印象があり、集中して見ていた割に不完全燃焼で終焉。
もう一度見ないとわからないが、もう一度は見ない。
鎖をセンターに配置してそれを挟むように木村と二宮の顔面を捉えるショットみたいなフィクスでのキメ画を随所に配置しつつ、殴り合いのような台詞の応酬を移動撮影や細かい編集で魅せていく。
木村拓哉は本当に凄い。彼の主張の強い顔面は映画のルックに相応しい。

役者を自由に演技させつつ、カメラの運動と連動させるのはさすが原田眞人。予告編で印象的な木村が机を叩いてから、彼を追うようにカメラが引いていくショットなど鳥肌が立つ。やはり原田映画は見応えがある。
msk

mskの感想・評価

3.0
時間的な問題でしょうがないとはいえ、端折りすぎかな。内容が重いので再度見る元気はないかなー
松倉役の方の観てる人を不快にさせる力すごいわ。松重さんも底が見えない男という感じでてて良き。
説明の足りなさを感じる部分はままあり、終わり方はモヤモヤする。黒服の踊ってるヤツらとかわけわかんねえ。
「正しい検事とは」を難しい言い回しで語ってるくだりにイライラ止まらなかった。
ラブホ行こうってファミレス出るシーンの店員の表情好き。
YUTA69

YUTA69の感想・評価

3.5
まあまあキムタク
>|