ミスター・ガラスの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

ミスター・ガラス2019年製作の映画)

Glass

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ミスター・ガラス」に投稿された感想・評価

前作を全然知らずに鑑賞。完全に勉強不足で乗り切れなかった…シリーズを順に見たら、違った見方ができそう。多重人格者の演技は素晴らしかった!
やべ〜すげ〜って思ってるうちに終わった。ポリゴンショック
yuko

yukoの感想・評価

4.0
20190125
マカヴォイが人格変わる度に名乗ってくれるんだけど、名乗らずとも変わったのがわかる演技は素晴らしいなぁ。
あくび

あくびの感想・評価

4.2
これを観てからアンブレイカブル、スピリットをもう一度観直した。
KOTA

KOTAの感想・評価

4.0
シャマランシネマティックユニバース集大成
オチがいい
大輝

大輝の感想・評価

3.5
人は何を以って非凡なのか。

彼らの『非凡さ』とは果たして、自らを非凡と信じたいが故の幻想なのか。

自分たちを『非凡』として世界中に知らしめたい。そして隠れたマイノリティにスポットライトを当てたいミスターガラス。そして自らはごく平凡であると信じていた過去から抜け出し、その力を人を助けることに使い始めたダン。そして複数の思惑をその身に宿し、今なお虐待の過去から抜け出せずにいるケビン。常軌を逸して特殊でない、実際に存在しうるような彼らの能力に、身を打たれるような思いだった。彼らは実在しないかもしれない。しかし、人より優れていたり、常識に外れたマイノリティであるが為に悩み、それを隠すか、人のために使うか、はたまたミスターガラスのように世間に知らしめたいと思う人は確かに存在するのではないだろうか。

人と自分は違う。特別だと思いたい自己承認欲求は誰の心にも深く、深く根付いているのではないだろうか。
saku

sakuの感想・評価

-
衝撃!シャマランの映画は楽しい。ジェイムズ・マカヴォイの多重人格者の演技がなかなか良かった。
中庭

中庭の感想・評価

1.7
ジェームズ・マカヴォイ演ずるケヴィンをカメラの水平移動軸の中心に置いて、左右交互にパンを繰り返す。カメラがケヴィンをフレームから外すと抑制装置のフラッシュがたかれ、フレーム内に戻ったケヴィンはカットを割ることなく別の人格で登場する。ジェームズ・マカヴォイの律義な自己演出がここで爆発していて(『フィルス』でもまだ全然足りてなさそうに見えた)、独房の映画的設計の徹底っぷりに感心させられる。
ケヴィンと廃屋で争うアクションのさなか、セルフィ棒で撮ったようなブルース・ウィリスの困惑顔が挿し挟まれるのが唐突で笑った。あのラストは希望的なものとしてとらえていいものなの?
本編よりもエンドロールの方が面白かった
>|