ミスター・ガラスの作品情報・感想・評価

ミスター・ガラス2019年製作の映画)

Glass

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

「ミスター・ガラス」に投稿された感想・評価

They always undermine the mastermind.

※ ネタバレしてます

『アンブレイカブル』『スプリット』に続く、シャマラン・ユニバース完結作。存在として優れている“われわれ”を世界は何故認めない?隠そうとする?というミスター・グラス=シャマランの叫びが炸裂する。完全に前2作を前提とした続編で、19年越しで当初の構想が結実した感慨深さもひとしお。

ドクター・ステイプル(サラ・ポールソン)に捕らえられ、仲良く精神病院に閉じ込められたイライジャ・プライス(サミュエル・L・ジャクソン)、ケヴィン・ウィンデルクラム(ジェームズ・マカヴォイ)、デヴィット・ダン(ブルース・ウィリス)の3人。彼らが持つ超常的な力は、本人の思い込みに過ぎないのだと丁寧に丁寧に説明するドクター・ステイプルの語りに、デヴィットとケヴィン(の中の人格たち)は日に日に自信を失い、力も失っていく。特に、ケヴィンのいち人格であるパトリシアの自信喪失ぶりは観ていて痛々しいほど。ケヴィンの中に住まう彼らが「ザ・ビースト」の存在を信じられなくなってしまっては、一体誰が…という形で、本作では前作、前々作ではヴィランとして振る舞ったキャラクターたちこそが主役であり、デヴィットを含めた彼らの存在を亡き者にしようとする不可視の勢力との闘いが描かれる。ここに来て、対立しているのは善と悪などではなく、超常的な力を授かった者とその存在を隠蔽しようと画策する者たちであることが判明する。それは、『アンブレイカブル』のラストから直接繋がるテーマの再現であり、また物語としても、デヴィットだけでなくケヴィンもまたミスターグラスに“作られた”存在だったことが判明するという意味で「すべてが繋がる」ラストはシャマラン映画らしさも存分に発揮されていて興味深い。

シャマランの主張と独特のヒーロー観に支配された映画でありつつ、サスペンスやミステリーの見せ方は普通に冴えていて、だからこそこの物語が映画としての体裁を保っていられるのだなと実感した。作中でも現実でも相応の時間が経ったことが反映された設定や画作りには、リアルタイムで『アンブレイカブル』を鑑賞したわけではない自分でもグッとくる。

続編が作られることがあるのなら、それはケイシーとジョセフの物語になるのだろうか。
brownsugar

brownsugarの感想・評価

3.2
ヒーローといいながら能力が地味すぎる。ブルース・ウィリス影薄すぎ。映画館で見るつもりだったけど、近くの映画館が上映スルーしてくれて助かった。
wataruN

wataruNの感想・評価

5.0
シリアスな展開とこれまでの2作品をしっかり踏襲しながら一気に結末へ
どんどん引き込まれるあっという間の2時間
シャマラン監督が描く“ヒーロー誕生物語”
ミスターガラスにまんまとやられました、面白かった〜!!
banchou

banchouの感想・評価

3.0
医者だか精神科医だかにあなたたちが感じているスーパーな能力は思い込みですよと洗脳を解くかのようにカウンセリングされるけど、自分達が一番スーパーな能力感じてしかも実証してるんだから、そんなことで洗脳解除みたいなことにはならないかと。
そして、命を懸けてその証明をするけれど、命落としちゃスーパー感薄れませんか。
でもって、SNSで拡散ってのはそこはスーパーな感じではなく現実的なのね。
se7enteen

se7enteenの感想・評価

3.7
シャマランらしい作品

むしろシャマランらしくないの見たことないけど(笑)

カメラワークも秀逸

アンブレイカブル当時からある程度決まっていたぐらいだから

話もすごい作りこんである

マカヴォイ相変わらず

こーゆー人の作品はネットの考察漁るのも楽しいよね
まさかの続編。確立された独特のユーモアを持った監督ではあるなと思う笑
最後SNSに頼るやつね。
HyperR

HyperRの感想・評価

3.9
完結編、というと、ちょっとアッサリしすぎな気もしますが、それもあえてリアルなのかな?と。

こういうユニバース系の映画はもっと作ってほしいですね。
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.5
3部作の完結編。
ジェイムズ×ブルース×サミュエルがついに対峙する。特殊能力の存在を本当に否定できるのか…存在を抹消された3人の追憶がミスターガラスによって拡散される。
これから真実が明るみに出て、世界が、宇宙が変化していく。その一歩手前までのお話。必ず誰かが自分を愛している。完全に無かったことにはできない。
皆、普通に生きたかっただけなんだ。
K

Kの感想・評価

4.3
スーパーパワーは存在するのか。スーパーパワーの持つ本当の力とは。

前2作でスーパーパワーを持つ3人を取り上げて正義と悪は表裏一体であることを描いてきた本シリーズ。本作では、ヒーローvsヴィランという構成ではなく、”秩序”を守りたい別の権力がスーパーパワーを封じ込めようと立ち向かう。

結局善悪は当人の主観であり、超人的なパワーを持つ存在は前であれ悪であれある一定の権力者たちにとっては不都合なものである。そしてパワーは、覚醒すれば誰にでも備わっているものである。

体制に疑問を持て、不条理に立ち向かえ、そんな”一般の”人々を鼓舞するような政治的メッセージすら感じられた。
>|