ぱくちー

ザ・メイヤー 特別市民のぱくちーのレビュー・感想・評価

ザ・メイヤー 特別市民(2017年製作の映画)
2.5
時差ボケ調整にはチェミンシク兄貴のご尊顔が一番だと思い、機内鑑賞。

政治の裏側を生きる男達(+女性数名)の話でどんどん引き込まれたが、中盤のある事件をきっかけに、韓国映画特有の推進力が悪い方向へ転がってしまった。
話についていくのに疲れて、肝心の選挙戦はもうどうでもいい状態だった。
ラストカットはよかったが、期待外れ感が半端なかったです兄貴。

同じ選挙ものだったら、「スーパーチューズデー」の方が断然面白かった。