まるみ

死霊館のシスターのまるみのレビュー・感想・評価

死霊館のシスター(2018年製作の映画)
3.0
死霊館シリーズ「ヴァラク」の物語。
1952年ルーマニアにある聖カルタ修道院で、シスターが自殺。
バチカンは、修道院が神聖かどうか調査する為、バーグ神父と見習いシスターのアイリーンを修道院に向かわせる…。

「死霊館」と「死霊館エンフィールド事件」なんかにヌボーっと現れる、怖い怖い黒いシスターですね!!

気になってしょうがなかったけど、映画館で見るのは怖いチキン野郎の私は、やっとレンタルで鑑賞。

ふざけてない、ちゃんとしてるホラーです。楽しかった(怖かった)。
絶対怖いし襲ってくるのわかってるけど、布をめくったり確かめなきゃならない演出が怖い
(艸д゚*)

アイリーン、どこかで見た様な顔だなぁ…と思っていたら、シリーズで出てくるウォーレン夫妻の妻、ロレイン役(ヴェラ・ファーミガ)の妹(タイッサ・ファーミガ)なんですね!鼻の高さとかそっくりです。

ヴァラクが黒でアイリーンが白い衣装なので、コントラストが美しいです。
逆さ十字が出てくるとドキドキしますね…。
なるほどね、そうくるかというエンドで、シリーズファンには楽しめる作品です。