くう

今夜、ロマンス劇場でのくうのレビュー・感想・評価

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)
2.9
試写会。
当然全くリアリティはないがファンタジー性も足らないので見方に迷う。

中盤若干の間延び感…

でも綾瀬はるかちゃんがとにかく美しく、それだけでも説得力があるかなぁと。昔から全然変わらないスクリーンに映える美しさ。この映画のヒロインとピッタリ合致。

誠実さそのもの青年を演じた坂口くんもとても良かった。

2人のデートは微笑ましくて、だから最後はちょっと泣けた。(でも加藤剛さんがリアリティあり過ぎで……色々考えちゃったわ。だって、つまり、〇〇……)

「のだめ」と「テルマエ」の武内監督なので、もっとブワ―――っと音楽溢れるファンタジー、もっとパーァァっと盛り上がる!!というのを想定していた。そこは個人的に残念。

まぁ、でも、このはるかちゃんは絶対に観る価値がある。