今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価 - 166ページ目

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

アロハ

アロハの感想・評価

3.8
映画の世界観がとても良かった。
ありがちな、おとぎ話的なところはあるけど、楽しく見れた。
綾瀬はるかが、出てくる度に、綺麗になっていて、素敵でした!

このレビューはネタバレを含みます

ほわほわの軽いラブファンタジーを思っていたら・・・
想像を超える素敵な作品だった!!
途中までは大人のおとぎ話かな~な気持ちだったのに。。(ツッコミいれようと思えばあれこれ言えるけれども許せる)
登場人物もイヤな人が1人もいないところもファンタジーだし。
北村一輝さんサイコー(笑)

まああれがこうなって素敵な思い出が・・・なんて推理していたのに、、
病室の扉にスカートだけが見えた瞬間に「え!そういうことなの?!」
そこまでもほろっとしながら観ていたのですがその後はもう涙腺崩壊しっぱなし。。
まさかこんなに泣かされるとは💦
そしてエンディングが美しくてまた泣ける。切ないけどこれはハッピーエンドだと私は思ってる。
綾瀬はるかさんが美しくてキュートだし、坂口健太郎さんも優しい一途な青年を爽やかに演じている。
泣きすぎて頭が痛いよー(><)
たを

たをの感想・評価

3.9
とても素敵な結末でした。
触れることはできないけれど、一緒にいたい、隣にいるだけでいいというお互いの想いが切なかったです。2人並んで歩くシーンはとても印象的でした。

綾瀬はるかさんが美しい。衣装もとっても素敵でした。
坂口健太郎さんの笑顔も、切ない表情も、グッときます。この役にピッタリでした。
北村一輝さんの、クスっと笑えるちょっと抜けた⁈ハンサムぶりがツボにハマります。
アキコ

アキコの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

最初うわ、ハズレ作品だって思った。まじでイラついた。宣伝をあまり見てなかったからかもしれないけれど姫がお転婆というかただの暴力女。いやいやこれDVでしょというシーンがたくさん。スカスカな内容を演者2人の良さだけで保つタイプの映画かと思ってゲンナリした。1ミリも姫に魅力を感じなかったし、一度は突き放すも結局ほいほい下僕扱いを受け入れるケンジにもがっかりしながら見ていた。
でも途中でラブロマンス的になり、気持ちが通じ合ったところで「人のぬくもりに触れると消えてしまう、だからケンジと一緒にはいられない」と告白される。この時点でもわたしはは?じゃあ触れなければ一緒にいられるんだからいいじゃんって思ってしまっていたけど、そういう理屈じゃないんだろうな。好きな人に触れられないってよく考えるとめちゃくちゃ辛いし、このまま関係が深くなるんだったら距離を置いて離れてしまおう、そういう理屈なんだろうなって自分を理解させた。
最後年を取ったケンジが病室で世話になった看護師のためにこの脚本を完成させる。映画冒頭にあった「お孫さんおじいさんが転んでも手も取らないの」という伏線が回収される。宣伝たくさん見た人はこんなの最初に気づいたのかもしれないけど、私全く気づかなかったから普通になるほど〜!ってなった。(ここからやっとちゃんとこの映画に対しポジティブな気持ちを持ち見始める。)
結局彼らは触れないまま一生をともにすることを選んだ。死に際に二人はやっと触れ合いケンジは亡くなり姫も消える。
ケンジの書いた結末は最後映像で流れる。モノクロの世界(姫の世界)にこれまでの登場人物が入り込み、赤いバラを差し出す。彼女は受けとった瞬間に世界が文字通り鮮やかに色づき始める。結ばれハッピーエンド!って感じの映画でした。

なんやかんや最初文句垂れてたけど最後普通に良かったね…ってなってちょっと涙ぐんだ。意味のわからないところも多いし無理やり納得させられた感はあるけど結局良かったなってなりました。
とはいえもう一度見たいかと言われればNOだしお転婆と暴力を間違えないでほしいと思ったので評価は2.0で
さとみ

さとみの感想・評価

3.6
コメディラブストーリー。
あー、こんなんもありやなぁって感じ。
eT

eTの感想・評価

4.7
綾瀬はるか、めちゃくちゃ綺麗。
オードリーヘップバーンに、めちゃくちゃ似てる瞬間が多々あってハッとする。
全体の色合いも、時代も個人的にツボで好き。
衣装がどえらいツボ!特に女性陣の衣装めっちゃ可愛い!!あんなフワッと広がってウェストがきゅっと締まってるスカート欲しい。
rinarii

rinariiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

綾瀬はるかと坂口くんとばっさーがただただ可愛い!そして涙ーー!
だけど、おじいちゃんに切り替わるところでツボ入って笑ってしまって大変だった!坂口くんに特殊メイクしてほしかったな〜(°_°)

このレビューはネタバレを含みます

・世界観がちょっと緩め。雨に濡れても色が落ちないって...
・坂口健太郎が星野源にしか見えなかった💦
・こんな風に人を愛したいなと思わせる映画でした
・終盤は号泣。拭っても拭っても涙がとまらず。
yamaP

yamaPの感想・評価

3.5
映画の中から飛び出してきた王女様と助監督の主人公の物語。
作風の時代にぴったりはまる綾瀬はるかに脱帽。そして衣装も素敵なのも楽しめます。
大切な人がそばにいることだけで幸せだなと感じさせてくれる映画です。
とにかく主要キャストが愛おしかった。北村さんをはじめとする脇役のコミカルさもよかった。
色の演出が綺麗だった。
ドラマでは見られない、映画ならではの作品だと思った。
色がないヒロイン、触れられない切なさがゆっくり心に染みてきた。
伏線が上手いなと思った。