今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価 - 3ページ目

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

stkio

stkioの感想・評価

2.8
綾瀬はるかはやっぱり美しい。演技も充実。しかし本作では、その演技力の一端しか出ていない。もっと幅広く表現出来るのが綾瀬はるかなのだ。と思わせた映画だった
chiko

chikoの感想・評価

3.3
綾瀬はるかは美しすぎ、坂口健太郎は癒し度高すぎ。全体を通して、映画に対する愛もがっつりと感じられる。でも、展開は観る前からわかっていた通りだし、北村一輝、柄本明、中尾明慶、となかなか面白いキャストの割には活かしきれていない感…
とか思っていたら、最後でまさかの号泣でした。分かっているのに泣かされるパターン。。。石橋杏奈、かわいいな〜

行きは日系の航空会社、帰りはヨーロッパ系なので、行きに邦画をたくさん観て、帰りは洋画を…と思ってたけど、いつになく飛行機で眠れて、これ1本しか観れず… 無念。
marin

marinの感想・評価

4.0
美しさと、色のある世界。
あっと思わされて、泣かされる。

映画はこういうものでしょう。

映画を大切にした映画。
繊細な音。

好みでした。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
機内で鑑賞。途中で寝落ちしてもいい気軽な気分で綾瀬はるかだけ堪能するつもりが、不覚にも最後は涙を誘われてしまった...ウディ・アレン作品で一番好きな「カイロの紫のバラ」と同じようなファンタジーだが、ただ単にスクリーンの向こうの人が現実に飛び出す騒動だけでなく、決して触れることがなくとも確かで揺るがない2人の想いが切なさいっぱいに描かれ、想像以上に心を激しく揺すってくる。そしてやはり、ヘップバーンを思わせる登場から「色」をまとった後まで、綾瀬はるかの年齢を全く感じさせない可愛らしさが全開で、心と同様に目も癒された(笑)。
h

hの感想・評価

1.5
ありきたりな話、演出、演技、どれをとっても普通〜〜な映画でした 残念
結末はおっ!となったのでよかった
sam

samの感想・評価

4.2
泣いた。泣いた。
こんなに泣くなんて思っていなかった。

50-60年代の服装が何よりすきなのと
坂口だし本田翼出るって理由で観たら
なにこれ良すぎて良すぎて…
笑えるし超泣き。

お弁当持ってきてコンコンってところの
キスシーンが幸せなのに切ないの。

奇跡って言っても、ファンタジーじゃなくって、ただ愛だなぁって
あやの

あやのの感想・評価

3.2
切ない。CMでは予想のつかない展開に生と死を考えさせられる。綾瀬はるかと坂口健太郎の美しさ、かっこよさ、二人の愛情に心奪われる。あと色がきれい💐
SunnyBunny

SunnyBunnyの感想・評価

3.7
とにかく色!映画のなかで溢れる鮮やかな色に注目!映画の告知で色にこだわったとあったけど、特にドロップ・映画館の内装が印象に残った。
また映画みたいにいきなり雨は降ったりしないと言いながら、現実でも何かエモーショナルなことが起きるとすぐ雨が降ってくるとこに意図を感じ面白い。
またみゆき(綾瀬はるか)の衣装が色も美しいのは勿論、最初はとっつきにくいような、いかにもお姫さまさま!って服から段々一般人レベルに降りてくる過程がいい♥(綾瀬はるかのオラオラ口調に萌え。。照)
最後に、大好きです大好きでしょうがないひとに触れることがどれだけ素敵でいとおしいことなのかしみじみさせられました。

映画が好きでそれを仕事にすることが幸せそうでうらやましくなった。

久しぶりのラブストーリー

見終わったあと暖かい気持ちになった

柄本明の途中のシーンでの一瞬の表情の変化にやっぱり素敵なお芝居だなあと思う

私はすきでした
りお

りおの感想・評価

3.0
予告編でストーリーがほとんど見えてしまった為、元々鑑賞予定ではなかったのですが、やたらと評価がよかったので。
ほとんどが予告編から想像した通りの内容でしたが、ラストシーンまでは想像出来ず。
こんなにもせつないラブストーリーを私は知らない。
坂口健太郎演じる映画監督の卵である青年は綾瀬はるか演じるスクリーンの中のお姫様に恋をする。
ある日映画館に落ちた雷がきっかけでモノクロ映画の中からお姫様が飛び出してきて、やんちゃなお姫様が青年の生活を掻き乱していく。
やがて二人は惹かれ合うようになるが、お姫様には青年の愛を受け入れることが出来ない秘密があった・・・
本田翼演じる坂口健太郎に思いを寄せる映画会社の令嬢や、同じ映画監督の卵の中尾明慶、坂口健太郎が通う映画館の支配人の柄本明など、二人を取り巻くキャストの絡み方が絶妙。
クセの強い俳優を演じた北村一輝も最後には名言かましてたしね。
壮大な愛の物語に涙が止まりませんでした。
予告編で見切りをつけなくてよかった。