今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価 - 3ページ目

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

れいか

れいかの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

随分と前に映画館で観ました

色彩豊かで、色のコントラストが素敵だった!
泣いたりしないだろうなって思ってたけど自然と涙した。
叶わない恋ってわかっててもそれでも思い続けて、自分の気持ちに嘘つかない坂口くん。感動!
MaU

MaUの感想・評価

3.6
映画好きの友人数名が勧めてくれるのでレンタルで鑑賞。観てみるとタイトルや雰囲気とは程遠い感動作で途中から涙が止まらなかった。

とある古い映画を愛する映画青年。主演女優にひそかに恋心を抱いていると、彼女が目の前に本当に現れる… 映画の撮影所を舞台に繰り広げられるSFラブストーリー。青年の思いは通じるのか、彼女はどうして現実世界に出てきたのか、そして二人はどうなるのか。青年の晩年を加藤剛さんが演じ、物語に重みと説得力を与えてくれているのもいいし、なにより綾瀬はるかさんと坂口健太郎君がかわいらしい。綾瀬さんの衣装がどれも素敵で色がきれいで目の保養なのもよし。友人がぜひ観てと勧めてくれる意味がよくわかる心温まる愛のお話だった。

ピュアな涙を流したい、心がほっこりする作品に出会いたい、そんな人にはお勧め。
yumi

yumiの感想・評価

3.8
美しいお話でした。ふたりだけが想い合っていれば、分かりあっていれば、まわりが何を言おうと関係ないんだなって思いました。
Kの助

Kの助の感想・評価

3.8
「勉強になります。」
--------------------
綾瀬はるかの綺麗さで+0.5
坂口健太郎の可愛さで+0.1
主題歌で+0.3
飛行機で見たのにも関わらず号泣。オチが想像を越えてきた。めちゃくちゃいい話。
ストーリーや演出はコテコテの王道。
盛り上がるまでに時間はかかるが、ラストは少し捻られていた。
ともよ

ともよの感想・評価

4.0
坂口健太郎の真っ直ぐな愛が素敵でした。
セットや衣装がとてもレトロかわいい。
ごっど

ごっどの感想・評価

3.9
いや、わかっていたけど泣きました。スクリーンから飛び出して来た綾瀬はるかと坂口健太郎演じる主人公のラブストーリー。王道だけど、ストーリーも予想つくけど、良かったです。好きだけど触れられない。でもずっと一緒に居たんだね。加藤剛さんとの晩年がリアルです。
ゆい

ゆいの感想・評価

2.3
綾瀬はるかの服装がすごく可愛い。
この時代の映画館などのセットが素敵でした。

ストーリーは単純で、綾瀬はるかが好きな人は楽しめる映画かもしれない。
Chie

Chieの感想・評価

4.3
ほっこり映画。
あれくらいの時代の服装好きだなあ。
どれもこれも素敵だった☺️✨

もっとコミカルな映画だと思ってたから、こんなに心きゅーっとくるとはー。
余韻に浸れる。
どんな形でもずっと誰かを思い続けることって素敵だなー。
静かなロマンス。

私はすぐに情熱を求めがちだから、ほっこりありがとーな映画となりました。