今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価 - 5ページ目

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.7
カラーとモノクロの融合はなかなかに新鮮でした🙄⭐️
綾瀬はるかさんは何着ても綺麗だし、どんな役でもハマるから本当に凄い女優さん☺️✨✨
坂口健太郎さんの今回の役とても可愛くてすき!帽子似合いすぎ〜

どんな映画にも良いところがある
っていう台詞が素敵だなあ。

昔ながらの映画館とか映画撮影所とか沢山観れて嬉しかった〜!!
akina

akinaの感想・評価

4.0
綾瀬はるかさんが観たくて鑑賞。

職業柄、とにかくとても感動したのは
綾瀬さんが毎回身を包むファッション。
何を着ていても美しいのはもちろん、
色使いやデザイン、コーディネート全てが
大好きな作品でした。
そして、綾瀬さん以外のキャストやエキストラさんが着ているお洋服たちも全体的にハイカラな
印象に仕上がっていて、映画人やその周りにいる人たちを描くのってきっと大変だっただろうに本当に素敵でした。
同じ裏方としてその苦労は想像を絶しますが、
もうこれは職業冥利につきる映画なのではと思います。本当に、関わった全ての皆さんに賛辞をお送りしたいです!!!!

肝心の映画の内容に関しても、
予想とは違った結末ではありましたが
全体的にとても素敵な映画だったと思います。

大切な人に触れられないという事。。

私たちが大切だと思う人。
家族、恋人、友人、家族同然の動物たち。
その温もりがそばにあって当たり前で、
手を伸ばせばいつでもそこに在ると思っているけれど。とっても油断してしまうし、時には疎かにしてしまうけれど。
でも本当はその瞬間瞬間が尊くて
刹那的な現在である事を自覚しなければいけない。

人生において絶対や永遠はなくて、
そばに居て触れることができる。
温もりを受けたり渡したりできる。
それがとても貴重なことだという事を
改めて思い知らせてくれる映画でした。

私には2人の選んだ選択を選ぶ勇気は無いかも。。幸せなだけではない、苦しみ丸ごと受け入れると決めた2人の崇高な魂を演じる役者お二方がこのピュアな印象の坂口健太郎さんと綾瀬はるかさんで本当に良かったと思います。

最後は見入ってしまい号泣でした!
あと、劇中に出てくる北村一輝さんのセリフ
「下を向いてたら、今しか見えないぜ」
はあー、いろんな人の心に響く台詞ではないでしょうか。
ただかっこつけてるだけではない、器の広い、所謂カッコいーーーい役所を北村さんが演じてくれてるのがなんだか嘘がない感じでとっても良いんです!!!笑
業界人として、見習いたい懐の深さとかっこよさにまた拍手を。随所に映画人、そして映画への愛が感じられるのがたまりません。

またいつかピュアな気持ちが必要になった時に観たいと思います。笑
むう

むうの感想・評価

3.8
ニューヨークの恋人とか魔法にかけられてとかさ。大好きなんだよね。

ステキなお話だったなぁ。

綾瀬はるかさんの衣装がとてもお似合いで、綾瀬さんを観るだけでも楽しめる作品。
seven

sevenの感想・評価

3.3
分岐点のたびに予想外の方向に進んで、どんどん物語に引き込まれていく感じがした。
思ってたのと違ったけど、だからよかった。

登場人物がみんないい人な映画、心に優しくてすき。
タイトルも設定もロマンティック

綾瀬はるかの振り幅ほんとすごい、そしてレトロな衣装が綾瀬はるかも本田翼ちゃんもとってもかわいい😍😍
触れられると消えてしまうからガラス越しにキスするんだけどこれもかわいい!
消えてしまうリスクを負いながら好きな人と結ばれることを願う女の子という人魚姫的展開にめっぽう弱い🧜‍♀️

お互いに触れたい気持ちを我慢しながら何十年も過ごして(しかも姫の方は年もとらない!ここも二人の間に葛藤があったのだろうと思うと切ない)最期を迎える時にやっと触れ合える、美しいシーンだった。これがラストかと思いきやハッピーエンドで良かった☺️

一部をカラーにしたりモノクロにしたり今の映像技術ってほんとすごい
ちさと

ちさとの感想・評価

4.2
予想以上に面白かった!
映画の中の女性に一目惚れをしてその女性が映画の世界から飛び出してくる。しかもモノクロのまま・・・そこからストーリーは発展していきます。

好きな人に触れられないなんて...
それでも一緒にいたいと願う健司は素敵な男性でした。

おじいさんが作った作品だと思っていたのに...実は...
やみ

やみの感想・評価

4.4
ストーリーが気になり鑑賞。綾瀬はるかと坂口健太郎がすごく好きという訳ではなかったが、二人の演技に圧倒されてしまった。
劇中の景色が綺麗だし、モノクロの世界から飛び出した彼女とシンクロしてカラーの世界が美しく見える。
話もラストがまた一味違っていて面白く思えた。

王道のラブストーリーだが、好きな人と一緒にいれることの幸せだとか色々考えさせられる作品だった。
いい映画を見た充実感があり、個人的には大満足。
mary

maryの感想・評価

3.6
映画の中の人物に恋をして
思いがけず会うことができたけど触れられない。

切ないストーリーだけど最後まで側にいて触れることができた時はすごく感動した(T_T)
そして綾瀬はるかのファッションがとにかく可愛い!
kirito

kiritoの感想・評価

3.1
【モノクロ】

映画の中の人物に恋をする。
そしたら映画の中からその人物が飛び出してくる。
そのプロット自体はウディアレンの『カイロの紫のバラ』で既に描かれていた。
まあ、男女が逆だけど。

モノクロ映画のヒロインと現実世界の青年の淡く切ない恋物語。

今作で目を引いたのはモノクロの世界から飛び出してきたと言う設定で最初ヒロインがシロクロな点であった。
ところが、1日後からは服も肌も普通の人間と同じ色。
特に肌はファンデーションを塗ったのだろうが、流石に全部隠すのはおかしいだろうと。
それならば最後まで白黒の設定で走って欲しかった。
というのが正直な意見。

とはいえ、人の温もりに触れたら消えてしまうという設定が最初から最後まで効果的に活きていて、始まりのよくわからなかった意味が最後にわかるとその切なさと恋の姿に感激するようにできている。

この映画でしかできないことがちゃんと描かれていたので良かった。

2018.9.16
ami

amiの感想・評価

3.8
想像してたより全然よかった
感動した

触れ合えなくてもいいから一緒にいたい、そんな気持ちが素敵だなと思った