カッターヘッド 真夜中の切断魔の作品情報・感想・評価

「カッターヘッド 真夜中の切断魔」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

-
切断魔ことカッターヘッドさん、まさか切断シーンまでカットしちゃうとは思わないじゃん、、結局一回も切断ないって切断魔としてのプライドとかはないのかしら!?頭がマッスルヘッド!!!

切断しないカッターヘッドさんはかなりエンターテイナー。
おしゃれで手の混んだいたずらを仕掛けてくる!ティーパーティー!!
森に毛糸を張り巡らせる演出にはカワイイを感じた!!いちいち一人でケーキ焼いたり準備してると思うと只々キモい。

カッターヘッドさん、切断魔なのに見えないところからいたずらをしてくる。卵投げつけたりしてくる。
切断魔カッターヘッドは名前に完敗している陰湿な変態ぞわぞわマンでしたね!!

でも後半になると、普通に明るいところでも活動するからただの変態になってしまう!
まぁ暗いところでも変態だったな、手振ってたし、マスククソダサいし、

ダサいマスクしてるから行動もダサい!ベッドの下まで追い込んで、って座るんかーい!!で、語るんかい〜〜!しかも言ってること意味わかんねー!!って結局ベッドひっくり返んすんかい!!何なんだよテメー!あと喋れたのかよ!!つーか一回くらい切断しろよ!!!

ママが、ハチェットお腹に食らって、内蔵ダラダラになってもおかしくない致命傷食らってもピンピンしてて怖すぎ。カッターヘッドさんもビビってたもん、速攻やられてたし、

子供向け歌が流れるカーステレオと、ホラー映画SEのドゥンドゥンがマッシュアップしてんのがサイコーだったです。
ナック

ナックの感想・評価

3.4
くだらないのを覚悟してたんだけど。
たまに当たりがあるので、観たら当たりだった。
このマスクは怖い
63

63の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

スタンダードな感じ
カッターヘッド言いながら全然首狙わんやん
なんでこんなことしたのかって部分の動機付けが弱いが、じわじわ追い込んで攻撃してくる点は直球勝負で好き
ジョンは頭が弱かったとオーウェンに言われていたわりに、ガンガン頭使った追い込み方してくるのが疑問でちょっと話に集中できなかった

殺人鬼攻撃するときは頭を狙うか仕留めたたと思っても駄目押しで頭部切断くらいしましょうね〜って作品
Solalist

Solalistの感想・評価

3.4
記録と記憶。
湖畔の別荘を訪れた母と幼い娘2人
荷ほどきをしながら
遅れて合流する予定の父のことを待つ
夏の楽しいひと時を家族で幸せに過ごせるものだと疑わずに…
一方家の外からそんな3人のことを見つめる冷たい眼差し、
ドンドン!!静寂を破り鳴り響く、闇夜からのノック音、
さあ〜朝までかくれんぼをしようか、
逃げ切れたら君たちの勝ち、
でももし見つかってしまったら
その時は斧のお仕置きが待ってるよん


母は強し!!
美人女優 イヴォンヌ・ストラホフスキーが愛する娘たちを守りながら
狂気の殺人鬼と真っ向勝負であります!!
殺人鬼に勝てちゃうか、それとも切り刻まれるのか…

別荘の前の所有者家族と行方知れずの息子 ジョンの存在、
森へと続く赤い毛糸、
森の中のお茶会と不気味な人形たち、
手出し禁止のカップケーキ、
創作絵本とその狂気じみた結末、…

さみしいからなのか、
家族が欲しかったのか、
ジョンくんは別荘にやって来た人らを襲い
体の一部を切断して
人形の同部分と置き換えちゃう、というね、笑
人形の一部を本物と置き換えることで
どうにかなると思ったらしい、おそらく、笑


母 ローラ、2人の娘 ケイラとマディも散々な目にね。
例のカップケーキを食して体調崩すわ、
車で逃げようにも
タイヤをバラされ役に立たないわ、
卵を投げつけられるわ、
連れ去られるわ、…


ゾクゾク感はさほどでしたけど
実際こんなんに遭遇したら
焦るだろな〜とは思います、笑

闇とネズミとカラスさん、
闇のかくれんぼ
あの絵本が欲しいな〜、笑
TomoKroos

TomoKroosの感想・評価

2.4
ひたすら家族が可哀想だった…

理不尽すぎやろ…なんかどうしても最初はワクワクするんだけど途中で中弛みするんだよなぁこういう映画

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットの画像が気に入ってレンタルしました。
物語が約90分というのも纏まっていていい感じ。

でも、それだけかなぁ。
家族を精神的に追い詰める殺人鬼、もっと物理的にいこうよ。
行動力があるのに空回りがちな母親。
活躍する場面もなく退場する父親。

せめてゴア描写がしっかりしていれば…

色々と残念な作品なので、オススメ出来ないです。
RaMu

RaMuの感想・評価

2.0
タイトルと違うー!って言うのが第一印象だった😂
ぜんぜん切断しないし!
ありがちなホラー!ツッコミどころ満載!もはやたのちい!
姉妹が本当の姉妹って所にびっくりした!
ヒロ吉

ヒロ吉の感想・評価

1.0
DVDにて字幕観賞。

『ヴィクター・クロウリー』を観た後に観賞。

今作は殺人鬼が人を襲う理由が全く分からない、喋るし(それも意味分からない事)、グロさもないし、そんなに殺してないし、タイトル自体詐欺だし、上記の作品の方が面白かった!

別荘内での展開は確かに緊迫感はありましたが、全体的に面白くなかった。
slow

slowの感想・評価

1.8
″パパは来てるよ″
″どこに?″
″ほら…木の下にいる″
ーーーーーーーー
{あらすじ}
湖畔の別荘に訪れた
奥さんと2人の娘に
覆面の斧男が襲撃!
恐怖の一夜が始まる…。

″ドンデン返し″の匂いと
個性と才能がある殺人鬼を
2人のうるさい子供が
見事に潰した悲しき一本。

ホラー映画を観る人は
いくつかの部類に分けられる。
・恐怖を求める愛好家
・物語重視の考察家
・新しい展開を求める探検家

本作は「恐怖を求める愛好家」
に向けた恐怖を楽しむ作品。

恐怖の引き出し方が多彩で
凝った罠や小道具を利用し、
殺人技よりも前座の芸が上手で
″焦らし″と″恐怖の煽り″に
長けておりスコア高めにしても
いいぐらい恐怖シーンは優秀💮

それを台無しにしたのが2点。
・意味深なシナリオ
・足を引っ張る娘

謎の絵本…謎の人形…
失踪した息子…
シャマラン映画のネタ…など
ドンデン返しや衝撃の真相が
ありそうな匂いはする。
が、それをベタで終わらせる
前代未聞の裏切り方!q( ̄ー ̄ )

「子供」に焦点を当ててるのに
娘2人が活躍するどころか、
物語の展開を阻害する病気ネタで
動きが停滞するわ、
ぎゃーぎゃーとわめいて
隠れるのも逃げるのも失敗させ
ストレスの溜まり場状態。。。

主人公を孤立させるには
いい仕事してるが
奥さんがセクシー過ぎたのと
才能ある殺人鬼の芸術性など
観たい部分を邪魔する
余計な存在だった…(。-_-。)

【個人的に思ったこと】
本作と似た襲撃ホラー
『ストレンジャ-ズ地獄からの訪問者』
があまりに傑作すぎて…
Blu-ray買っちゃいました(*´∀`)♪
音の使い方や不安の煽り方、
殺人鬼の強敵感、家族の絆、
幕引きの余韻、映像全てが傑作!
恐怖は与えるものじゃなく、
こっちがするものだよなと実感(u_u)

本作は伸び代はあるのに
伸びなかった残念作ですが
″恐怖演出″に注目するなら
オススメです♪(`・∀・´)b
>|