タイムループ 7回殺された男の作品情報・感想・評価

タイムループ 7回殺された男2016年製作の映画)

Inkarnacija/Incarnation

製作国:

上映時間:86分

2.1

あらすじ

そこはどことも知れない、ありふれた街角の広場。ある男がベンチで目を覚ます。男は、自分の名前も覚えていない。突然現れた、白いマスクをかぶった4人の殺し屋。男は必死で逃げるが、その甲斐もなく射殺されてしまう。同じ男が、再び同じベンチで目覚める。夢だったのかと呆然としているところに、同じ4人の殺し屋が現れ、彼は再び殺される。そしてまた目覚め……地獄のようなループに囚われた男は、この謎を解こうとする。繰…

そこはどことも知れない、ありふれた街角の広場。ある男がベンチで目を覚ます。男は、自分の名前も覚えていない。突然現れた、白いマスクをかぶった4人の殺し屋。男は必死で逃げるが、その甲斐もなく射殺されてしまう。同じ男が、再び同じベンチで目覚める。夢だったのかと呆然としているところに、同じ4人の殺し屋が現れ、彼は再び殺される。そしてまた目覚め……地獄のようなループに囚われた男は、この謎を解こうとする。繰り返し死ぬ度に、彼は真実に近づいていく。そしてついに……。

「タイムループ 7回殺された男」に投稿された感想・評価

お面が秀逸
題名のタイムループでもなければ原題のリィンカーネーションでもなく、殺し屋が死んだ時に味わう地獄(罰)でしょうか。
最初は謎だらけ、途中から面白くなって来て、ラストは……うーんって感じ。
余韻も無くて、もうちょっとハッキリさせたほうが良かった気がします・
TSUTAYAでジャケ借り。
本編見てから予告みたら
ネタバレしていたという恐ろしい映画。

タイムループ系でよくあるハズレ作。
回収できてないものたくさんあるし、そもそも結末がありきたり。無理。
ベンチで目覚めると仮面の男に殺される・・という流れを無限ループする話。
良いところまで逃げても殺されるとまたベンチなのが本当にだるいし、しつけー!
死ぬとセーブ地点まで戻されるゲームみたいだった
最初はどんな話か謎ばかりで
展開が楽しみでしたが、
全然進まないまま最後まで
きた感じでした。。
ラストも微妙でスッキリしない映画でした。
セルビア映画 珍しい。
出だしは面白そうだと ワクワクしたんだが、、こうもしつこくされると 何がなんだか、、
濃い顔のお兄さんと、街並み少しだけ 印象に残る。
Aymi

Aymiの感想・評価

-
ちーん
りす

りすの感想・評価

1.6
2017年302本目、12月15本目の鑑賞

セルビア映画
タイムループもの

あらすじ
目が覚めたら広場のベンチの上にいた主人公
白い仮面をした男達が拳銃を持って近寄ってくるので逃げるのだが…


タイムループ系の作品ということでWOWOWで上映していたし、惰性で鑑賞

皆さんの評価が低すぎるのは解説ブログの人が叩いてるからっていうのもあるでしょう
某解説ブログと皆さんが指摘している矛盾点は解釈によっては整合性のあるストーリーにはなる

ただ、どんなに話の筋を通してもあまりに呆気ない今作のラストにガッカリしてしまう
あと邦題の7回殺された男
なんての付ける必要性を教えてほしい
タイムループだけで良いでしょう

今作の救いは序盤の掴みの良さと、尺の短さ
それ以外はなにも思いつかない
>|