rollin

マイティ・ソー バトルロイヤルのrollinのレビュー・感想・評価

4.0
ソーとハルクという、売れなかった元アイドルのようなマーベルの燃えないゴ◯同士でユニット組ませたらいけるやん!な広告代理店的戦略の輝ける勝利。

雷様と言うよりおスベり様にしか見えない神々のお戯れ姿やサントラも含め、ありとあらゆる要素がジェームズ・ガン監督の出涸らしの没個性でしかないんやけれども、このしょーもないやりとりはいつの間にか不思議なグルーヴを生んでいくのでがんす。そのジワジワ感がゴミ溜め惑星以降の素晴らしいプロダクションデザインとマッチした瞬間、「マイティ・ソーやのに面白い!」という、これまたガーディアンズ〜と同じ種類の感動がありました。

ただやはりカラフルなSF世界に最早新鮮味は無いし、ユニバースのひとつというポジションに甘んじたストーリーテリングの散漫さはいただけない。
しかしそれを補って余りある楽しさが本作にはあったし、さっきは出涸らしと書いてしまったけど、このメンツからまだまだハルク色の茶汁が淹れられることを証明してみせたのはなかなかホットだったぜ!