マイティ・ソー バトルロイヤルのネタバレレビュー・内容・結末 - 5ページ目

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

THOR/RAGNAROK

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

4.0

あらすじ

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

めちゃめちゃ面白かったねこれ。

劇中劇のロキがマットデイモン、オーディンがサムニールってのはわかって、そうなるとソーも誰か有名な人なんだろうと思ったけどわからんかった。
後で調べたらクリスヘムズワースの実兄なのね。

序盤、ソーの仲良し強い人たちがヘラにあっけなくやられていくの悲しかったよ。
でも3作品の中で1番浅野忠信は見せ場あったんじゃない?笑
あと、シフっていう女戦士どこいった?
他作品と撮影被ったのか?それとも存在がなしになった?ジェーンもだよ。おい。

ハルクってあんな喜怒哀楽だせたっけ?
怒だけじゃなかったっけ?

全然話変わるけど、ちょっと前にゴッド・オブ・ウォーの最新作やったのよ。
北欧神話が舞台だから、〜ヘイムとかややこしい土地名でてきても、「あぁ、知ってる知ってる」ってなって面白かったわ。
まぁ、オーディンとトール(ソー)はメチャメチャ悪役なんだけどね。

ようやくIWみれるよ。
Thorの中で一番内容が濃くてコメディ要素満載で面白い!!
トムヒドルストンまじかっこいい好き。
岩のやつめっちゃうける可愛い♡
ケイトブランシェットはどんな役でもこなせて本当すごいなぁ、、かっこよすぎる。
Get helpとか昔の兄弟エピソードまじうけるw
コメディ路線に大幅に変更されてた。ソー作品の中では一番好き。しかしマーベル作品の科学を駆使した戦い方やリアルなヒーロー描写が好きなので、ドクターストレンジやソー作品は全力で楽しめない。
ソーの覚醒シーンかっこよすぎ。全体を通して音楽の使い方が非常に上手だった。

なんで副題をラグナロクじゃなくてバトルロイヤルにしたのだろうか。謎。原題のままで良いと思うのだが。
ロキ役のマット・デイモン。
面白い!!!どこに行ったか分からないはずのハルクが出てきたり、ロキも結局味方なのか裏切るのか分からない状態だったり、めちゃくちゃ強い新しくソーの姉が出てきたり、しっかり話がMARVELで繋がってるのが見応えあり!!!
やっぱりソーは結局強い!!!!お父さんとの絆も素晴らしい✨✨
なんとなくロキとの兄弟関係も面白い✨
ロキが味方なのエモい
あの兄弟仲良い
終盤インフィニティウォーに直接繋がってくる
これは、ストレス疲れの地球人にディズニーマーベルが送る世界一贅沢な、夢と笑いのプログラムピクチャーである。

題して・・・
『大宇宙の無責任バカ大将パート3~ ゴッド姉ちゃん故郷に帰る!』

毎度おなじみ東宝マークとファンファーレ…え?マーベル?(笑)
宇宙一のバカ大将ことソー・オーディンソンの大冒険!
さて今回のお話は…

雷親父に勘当された姉貴 “女王の兇死兎”ことヘラが
故郷に帰ってきて大暴れ!
俺は、要領バツグンの義弟 “青大将” ロキと珍道中
迷った先で最強の友 “春くん”と涙の再会!
呑んだくれ女は、獅子奮迅の大活躍。
小心者は、裏切って表返って英雄に。
青大将は美味しいところぜ〜んぶ持って行き
わがまま社長は Let’sビンボー!!

エンディングはピコパコとレトロゲーム風もイイが
宇宙一の無責任らしく『だまって俺について来い♪』
で、どっスか!?
AmazonPrimeの週末100円シアターを利用、便利な世の中。
無敵のソーも歯が立たない強敵との遭遇。トレードマークのロングヘアーもバッサリカットで時代錯誤な無双から、今どきイケメンに。新技のコンセプトも設定されイメチェンがハンパ無い。これからどうする❗❔
良作。
①サカールで「Thunder」が強調され
②ヘラの「What were you the god of again?」というセリフ
③亡き父との邂逅、雷神としての覚醒
ソーが「Son of Odin」から「God of Thunder」として変化、覚醒するまでの様が違和感なく描かれていた。
1,2作目では、恋人ジェーンなどの「地球要素」とアスガルドなどの「地球外要素」が同等の割合で盛り込まれ、双方のキャラの掘り下げが蔑ろになっていた。
しかし今回は(俳優の契約切れもあるだろうが)、前者の要素が殆ど無く、また3作目であるため、既存のキャラの基本解説が不要ということも相俟って、「打倒ヘラ、アスガルドの危機、ソーの覚醒」というストーリーの根幹を十分に描くことが出来たのではないかと思う。
また、この作品は「Dr.ストレンジ、サノスの宇宙船との接触」と、インフィニティウォーへと繋ぐ役割も十分に果たせていた。
やはり「ソー」は、攻められる地球と攻める宇宙を結ぶ、数少ない「コズミックヒーロー」ものとして必要不可欠な作品なのだと感じた。