マイティ・ソー バトルロイヤルの作品情報・感想・評価

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

THOR/RAGNAROK

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

4.1

あらすじ

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジ…

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.0
ギャグ満載でマーベル作品らしい。
良い意味でのメリハリがあった。今作は以前のシリーズよりテンポ感がずば抜けて良くなったと思う。
アクションも激しさをまして気持ち良く見れる内容だった。
今後は今作のようにシフトしていくのかなと思うと期待が膨らむ。
マーベルシネマティックユニバース・フェイズ3作品群の一。
いつの間にかここまで来たかという印象。
それにしても金の使い方が神レベルだ。

スカウトされたスパイダーマンの存在が大きかった2017年だが、雷神ソーの物語も注目だ。
アベンジャーズの“大きな名脇役”ハルクの登場が、この作品の見所だが、ソーが生まれ住んだアズガルドの変化も要注目。
そういった時の流れに伴う変化が、この作品ではよく描かれている。

監督が変わればシリーズの作風や展開も大きく変わるものだと感心させられる。
この作品は、プロダクションデザインから見ても伺えるとおり、とにかくPOP重視な印象。監督の得意分野でもあるギャグ要素も満載で、アメコミコメディのような雰囲気がずっと漂っている。

やったもん勝ちで、次の制作陣にバトンタッチというような感覚が自由で、見ている我々もこう来たかという発見があるし面白い。
(今回で言えば、父親の昇天、ソーが長髪から短髪へ、片目損傷などなど)

次はどんな作り方で、どんな伏線が張られるのか、そこに注目したい
大好き過ぎる。BDの発売が待ち遠しい。
ふくち

ふくちの感想・評価

4.3
ソー3部作でいちばんかっこいい、シリーズもので3番目がいちばん好きだと思ったことないのに、いちばん好き。

さいごの雷まとってるというか、もはや雷だったソーまじでイカしてる。
お姉さまも最強で、だってケイトブランシェットな時点でもうドストライク。

ロキとハルクおもしろくなりすぎててほんと笑った。特にロキ、憎めない悪役っていえばもうロキが浮かんでしまう。

世界観といい、あのノリが良くて毒付いてる感じガーディアンズオブギャラクシー好きならもうたまらない。

グリーンランタン見てみようかな。
豊

豊の感想・評価

4.0
記録
短髪ソーのが好き。
ロキの魅力マシマシ。
Higo

Higoの感想・評価

3.7
Globeの映画館で
英題はソーラグナログ
エンタメとしては楽しめる
さっいっこう!
シリーズで一番おもしろかったかも
アベンジャーズ、マイティソーシリーズ3作目。
ソー1作目のシリウスさはなんだったのかと言うくらいのコミカル展開。マーベルさん、大好物です笑

いやー、マーベル陣のコミカル調がどんどんレベルアップしてますねー。
今作も随所に、ガーディアンズみたいな曲に合わせた戦闘があったり、ここまでの積み重ねがあるからこそ光るキャラ同士の掛け合い。どれもツボだった!
特に、バナー博士ってこんなにバカだったけってレベルのボケっぷり笑

しかし、アベンジャーズ。
ソーとハルクの対決、ソーの覚醒など戦闘もテンション上がるシーンばかり!

新規ごめんな内容だけど、これまで見てきたファンは確実に楽しめる映画です!
>|