マイティ・ソー バトルロイヤルの作品情報・感想・評価・動画配信

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

Thor: Ragnarok

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿された感想・評価

りよ

りよの感想・評価

4.0
制作発表当時に、この監督は多分超コメディに寄せてくる…と不満意見を見たのですが、やっぱ始終シリアスよりかは笑えたほうが自分は好み…。なによりセリフとか間合いが絶妙だった。話自体ももちろんおもしろ。ロキもえはないのですが今回の兄弟は微笑ましくてよかったな〜。某漫画家の方が言ってた、「人間どれだけ絶望しててもどうしても笑えてしまう時ってあるし」を思い出してしまった。このあとIWのあの冒頭だと思うともう…。
nome

nomeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

始まりから戦いがはじまり驚いた。
ドクターとハルクが出てきたのもよかった。ヘラのシーンがかっこよく好きだった

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!ロキ大好きだから評価甘くなってるかもしれないけど、これは映画館で観たかった。
ロキが回を重ねる毎に可愛くなってる。お兄ちゃんのこと大好きじゃん。息をするように裏切るところも軽口ばっかり叩くところも良き。
前2作よりコメディ色が強くなっててかなり笑えた。ソーもロキも最高。ソーがちゃんと時を経て成長してるのがいい。髪切られるところは可哀想だった。長髪似合ってたのに…。あとハンマー壊れちゃったのはショック。
新キャラもいい味出してたし、まさかのハルクが共闘するのも良かった。岩の子可愛かった。監督が演じてるのはビックリだけど。ハルクは普通に喋れるしコミュニケーションも取れるのね。
オーディンが死んじゃったのは悲しいけど、妻のもとに行けたんだと思えばこれで良かったのかな…っても思える。
マット・デイモン全然気が付かなかった。マット・デイモンって知って見直したけどやっぱりわからない…笑。ソーを演じてた人、妙にソーに似てると思ったら、クリス・ヘムズワースの兄なのね。納得。
覚醒した時の移民の歌がカッコよくて良かった。
マイティ・ソー4作目の公開も決まってるみたいだから、今から楽しみ。
景

景の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

くっっっっそ面白かった。コメディ要素が強く、更にはどことなく漂う『GotG』感に「何この悪魔合体?」と首を捻ってたけど意外にもハマっててすごい。そいやソーのこれまでの作品にもコミカルなシーンはいくつもあったな、と思い出したけど、今回ユーモラスな要素を思い切って増やしたのは英断だったように思います。"元俺様脳筋主人公" くらいのキャラに収まっていた感のあるソーもぐっと魅力が増したし、他のキャラクターもイキイキしてて楽しそうだった。ていうかいきなりマット・デイモンがロキ役を悲痛に演じる寸劇を見せられるのがずるい。中身がロキとはいえ寝そべりながらブドウむしゃむしゃやってるアンソニー・ホプキンスとかもう笑う。他にもドクター・ストレンジによって30分間ずっと落下させられてたり、兄貴が自分と同じくハルクにベチンベチンやられてるのを見てガッツポーズしたり、兄さんとの「助けて」芝居などで仲良しっぷりを発揮したり、「サプラ〜イズ」と気の抜けた挨拶をしたりでとにかくロキが輝いていた。それでいて最後にはアスガルドの危機にちゃんと駆けつけてくるのも美味しい。あそこでソーが嬉しそうにニヤリと笑うのがまたいいんだよな。例のキューブを盗んだっぽいのも、不穏なんだけどすごくロキらしい終わり方で好き。

もう一人輝いていたのが予想外の登場になったハルクで、ハルクでいた期間が長かったからかそこそこ話せるようになっており、ソーとの対決もナターシャの真似をして宥めようとするソーに笑いつつも戦闘は迫力があったけど、部屋に戻ってからのソーとの砕けた会話が本当に楽しい。意外なコンビだったけどめちゃくちゃ仲良しで和む。一方で、アスガルドの民を救うためにもう二度と戻れないかもしれない不安を押し殺して飛び降りたバナーも格好良かった。ハルクとフェンリルの戦いはある意味では獣同士ということもあり、絵になってたな。

主役のソーも、弟やハルクとのやり取りはもちろん良かったけど、雷神として覚醒したのが「王道主役!」って感じでめちゃくちゃアガった。この時の曲がまたいいんだよな。ムジョルニアが無惨にも砕かれたのはちょっとショックだったけど、その分久しぶりにソーの素の強さを堪能出来たので良し。ヘラの倒し方も、覚醒王子が脳筋パワーで倒すのかと思いきやそれでもヘラは倒せず、序盤に出てきたスルトを利用してアスガルドごと崩壊させるのが理に叶っていて気に入った。ジェーンと別れたらしいのは驚いたけど、これまで何度か地球に行ってるのにジェーンに構う余裕なんてほぼ無さそうだったからさもありなん、という感じもする。

ヘラは最初は誰だか分からなかったけど、喋り出したらすぐに分かったのが面白かった。ケイト・ブランシェットの声が好きなんだよな。彼女がオーディンを恨む気持ちは理解できるものだったし、中の人の影響もあって好きなヴィランでした。

他にも花火をバックにに闊歩するシーンが格好良すぎたヴァルキリー、やたら強烈なキャラクターだったサカールのグランドマスター、武器の名の通りデストロイを披露した末に死んだスカージ、中身もそうだけど外見もイケメンなヘイムダルなど、美味しいキャラが上手く配置されていたように思います。ウォリアーズ・スリーがあっさり殺されたのがちょっと残念だけども。

というわけでソーが即興で結成したリベンジャーズ、最高でした。
MCUの中で1番好きよ。ありがとうワイティティ監督…ありがとう短髪ソー。ありがとう移民の歌。ありがとう。ありがとう。
Katsu

Katsuの感想・評価

4.3
グラディエーターとスターウォーズを足した様なストーリー。だいぶSF感増した印象。

ヴァルキリーのワイスピで培ったドライビング技術は流石。宇宙船だけど。
覚醒がかっこよかった
れいな

れいなの感想・評価

3.9
コメディ色が多くて好き!ロキが少し可愛くなってきた。。
127
-----

MCU17作目。

間違いなくマイティ・ソーシリーズでは至高の一作。ソーが覚醒、ロキがネタ枠、ハルクが可愛いキャラ。コメディ多めなのにアツいとこ激アツ。

ロキは相変わらず良い奴なんか悪いやつなんか分からん。憎めなさすぎる。。

----

ドクター・ストレンジが意外とベテラン感(?)出すオジサンになってて好き。

ソーが雷を纏いながら跳んでくる際のあああーあー⤴︎ というBGMがめちゃカッコイイ。。
>|