マイティ・ソー バトルロイヤルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

THOR/RAGNAROK

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

あらすじ

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジ…

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿された感想・評価

神をも翻弄するドクターが、やっぱ1番好きだわ
ギャグとSFとシンセな音楽というのがほとんどガーディアンズオブギャラクシーでクラクラした。アヴェンジャーズにガーディアンズを迎え入れるための仕度なんだろうか。
shota

shotaの感想・評価

3.8
ソーのシリーズの中では1番よいよ!
初見でも楽しめると思う!!
MCU見てる人はより楽しめる!
ナタリーポートマンの出演がなくなったのが残念
TOHOシネマズアミュプラザ大分にて

いやぁ、愉しいじゃないですか。
冒頭から状況説明の為に、独り言を言うソー。何があったのかと思えばやたら、ヤバそうなバケモノの罠にハマっている。
そのバケモノが凄みを効かせて恐ろしい話をしているのに、ソーはくるくる回って話を遮る(笑)

ロキや、ハルクとの絡みはコメディレベルで爆笑必至。
特に笑えたのが、バナーが格好付けて宇宙船から飛び降りたシーン。

完全にコントやん(笑)

アイコンであったハンマーを失い、あの人も失い、更にソーの風貌も大きく変わりましたね。次作のアヴェンジャーズではどんな姿で現れるのか。

ところで、ハルクってこんなに落ち着いて話が出来るんですね。
バナーとハルクのくだりは、ジキルとハイドと云う事ですね。

その他、Dr.ストレンジも登場するし、記録映像の中だけど、スカジョも出てきてサービス精神もあり。

敵役のK.ブランシェット。
こんなに凄みある役を出来る歳になったんですね。ちょっとシェールに見えましたけど。

兎に角、テンポは良いし戦闘シーンでツェッペリンを使うセンスも最高です。

そろそろ、マーベル作品買い揃えようかなと思えた作品でした。オススメ!
mofluffy

mofluffyの感想・評価

4.8
ロキがかっこよすぎ❤️❤️❤️
本当に


面白すぎた!いろいろ笑える!
ソーの雷様感!強すぎてかっこよすぎた!
もう一回みたい!
ノリがめちゃくちゃ軽くて何も考えずに見れるから好き。
ちょっと飽きてきた感はあるけど。
開始から笑わせてくれるしテンポも良く、字幕についていくのも忙しくて眠くなる暇はなかった2時間10分。
観ていてずっと楽しかった。

死の女神であるお姉ちゃんがそれはそれは怖い。見た目はディズニー映画のマレフィセントと被っていたけど(笑)

ロキは嫌な奴のイメージしかなかったけど、なんだか今作のロキは憎めない。

ソーのハンマーに頼らない必死な感じが女性ならキュンキュンくるだろうし、恋愛に傾かない内容なのもよい。
短髪も肉体美も彼のpvと思ってしまうほどにカッコよすぎて、思わずスコア甘め。
前の2作に比べたらコメディー色が強く、最後まで笑え、楽しめる作品
個人的にはソー(クリス・ヘムズワース)の断髪とジェーン(ナタリー・ポートマン)が今作から出演しないという2点が少し残念かな
適度なユーモアと適度なアクション、そして文句なしのストーリー!「バトルロイヤル」というダサダサな日本語のサブタイトルを除けばほぼ完璧なMCUワールドの世界。なのに、なんで「バトルロイヤル」なのだ!原題の「ラグナロク」は北欧神話から引用した「世界の週末」を意味する言葉だろう?せっかくの世界観がこの日本語のサブタイトルだけで、ちょっとだけ残念な感じですね。
邦題なんやねんボイコットしたろかって思ってたけど、観ました。はい、シリーズ最高傑作💮
1作めから通しての大テーマ、雷神兄弟の人間性(神??)の成長の集大成。
紆余曲折を経てのチーム戦も胸アツでした。
にしてもケイト・ヘラ=ブランシェットの最強感、説得力ありすぎ。