マイティ・ソー バトルロイヤルの作品情報・感想・評価 - 315ページ目

マイティ・ソー バトルロイヤル2017年製作の映画)

THOR/RAGNAROK

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:131分

4.0

あらすじ

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジ…

アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!

「マイティ・ソー バトルロイヤル」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

バトルシーンも覚醒ありで最高だし、ラストのバケモンにはバケモンをぶつけんだよ(笑)も痺れました!
ゴジラ好き、サダカヤ好き、マーベル好きの人にはたまらない映画です。
nor07

nor07の感想・評価

3.5
面白かった!
ふざけ過ぎず、でもユーモアを忘れないところが好き。
前作をほんのりかじった程度でも全然問題なし。楽しめます。
4Dで観たもんだからだいぶ激しかった(椅子から落ちそうになっていく)けどそれもまた楽しい。

ソーは短髪の方が断然男前だと思います。(ただの好み
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

(11/22追記)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』となんとなく雰囲気が似ている気がする。曲のせいかな。

やっぱり見所はソーとロキの二人。
ジェーンが出ないって知った時はショックだったんだけど、全然心配なかったし、なんならその不安以上に楽しめた。

あとは、ケイト・ブランシェット。美しい。もうオーディンは色々と過去にやってるので(コズミック・キューブとかロキの件とか)、まだあったか…!という感じ。
オーディンの最期がノルウェーだったのは最初に戻った、という意味かなと考えてる。(北欧神話的な意味で)

ナタリー・ポートマンは今後出てくる予定はないそうで、個人的にはそこがとても残念…。
シフ役のジェイミー・アレクサンダーはドラマ(ブラインドスポット)の撮影で時間が取れなかったから出てないらしいんだけど、アスガルドなくなっちゃったしウォリアーズ・スリーは殺されたしどうすんだろ…。

次は『インフィニティ・ウォー(IW)』なんだろうけど、全く予測ができないからもうルッソ兄弟に任せて、過去作で予習しつくして万全の態勢でIWを待つしかない…。

Wikipedia情報で補完してるとこもあるので、これはあと2回くらい観たらなんとなく飲み込めるのかな…。
劇中劇のソーがクリヘムの実兄でロキがマット・デイモンっていうのが終わってからじわじわ来てるのでやっぱりあと2回は行かなければ…笑

最近のMCU単独作は、単独作と言っといて他作品のキャラが結構出てくるので(シビルウォーとかホームカミングとか)、完全なるソー3とは言えなかったなあ、と。でも戻る場所がないという意味でキャップと共通するところはあるし、バディとしてロキがいるのはトニーとピーターの関係に通じるものになりそうだし、三部作として終わらせて、アベンジャーズシリーズの3作目に持っていくには良い終わり方だったのかな、とも思ったり。

これからGotGとかストレンジとかスパイダーマンとかブラックパンサーとかも加わるIWがどうなるのか、楽しみにしてる。


・追記(11/22)
吹き替え観ました。
最初ソーもロキもこんな声だったっけ?と若干の違和感があったけど、ただの勘違いだったっぽい。最後は普通に観れた。

天海さんの吹き替え、嫌いじゃないけど、やっぱり何かが違うんだよな…下手とか違和感とは違って、芝居も上手いし細かいところ調整できるの凄いし声も合ってると思うんだけど何かが違うんよ…何だろう。

私吹き替えで観るの結構好きなので、字幕観た後だったのもあるけど、結構コメディ寄りで吹っ切れてたので字幕より笑えた。
でもよく考えたら、ソー自身この作品中にいろんなものを亡くしているのでこんなにコメディでいいのか…て終わってから我に返った。

改めて観て、トムヒに最初に全身黒服を着せた人と全力で握手してお礼言いたいと思った。
tagomago

tagomagoの感想・評価

4.1
「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」を見て以来タイカ・ワイティティ監督には好意しかなかったんですが今作もやってくれました。

全体の80パーセントがアドリブらしくて特にこういったシリーズものでは大崩れしてもおかしくないのにコメディとして確度を維持するどころか高めているのが凄い。特にソーとバナーのアドリブ合戦はクドくて笑った。それでいてドラマとのバランスも完璧…と言いたいところだがアンバランスだと思います。とりあえず笑わして思い出したかのように本編に戻るといった感じ。あくまでイメージです。それが悪いとは言いません。クセになるバランスです。

「ドクター・ストレンジ」に引き続き力で敵わない相手には頭を使って倒す。悪くない。悪くないけどソーですから体技を駆使したタイマンでのガチバトルを見たいんですけどね。そうじゃなくてもリベンジャーズ対ヘラの構図をもっと見たかったかな。死の女神だからしゃーないけど。

ソーとハルクの対決はこれが見たかった!と期待に応えてくれるど迫力。
移民の歌が炸裂する場面での画面いっぱいに広がる多幸感。
きっきり押さえるところは押さえてる。
ヴァルキリーのツンデレぶりやロキのトリックスターぶりや裏切り者が最期良いことをするっていうね。アクション映画に求める要素をぶち込んでます。

アベンジャーズの中ではソーは上位に入るくらいお気に入りのキャラで1作目の田舎町に降り立った粗暴の兄ちゃんキャラも好きだったのでそれからの成長っぷりはよかった、よかったと思いつつも少し寂しかったりしてね。というのはどうでもいい話ですがソー三部作最後の映画として相応しい大円団だったと思います。
前作は未見。ケイト様がラスボスという事で超期待で見に行った。やっぱり話がよく分からないし、グランドマスター編はどうでもいいから、ケイト様をもっと出せ、と思いながら鑑賞。

が、「移民の歌」のくだりでは涙止まらず。大画面で鑑賞したかった。
(地元映画館では小さいスクリーンでしかかかってなかった。あと、ラグナロクって超重要キーワードやん。なぜ外した。)
Miho

Mihoの感想・評価

4.0
あ、ジェーンとはお別れになったんですね…(汗)

そして、浅野忠信、ご臨終…
NAmoon

NAmoonの感想・評価

3.7
今年見た中でいちばん時間を気にせずに終わってしまった映画だった!退屈なシーンがひとつもなくてずっと興奮してた。主題歌が最高すぎて、、
そして相変わらずのロキのかっこかわいさ◎なによりも大好きなマークラファロ!贅沢な2時間だったぁ
ぽむ

ぽむの感想・評価

4.5
お祭り騒ぎ!!!
ロキちゃんがスーパーかわいい!!

最後がわりと想定外の規格外だったけどまあそれでこそマイティソーなんだと思った。おもしろかった!!
序盤からソーの友達がサクサクやられていってたのがちょっとショックやった、ちょっとだけな。

ドクター・ストレンジが出てくることは開演前に公式Twitterアカウントで知ってしまったから驚き半減してしまったのは僕のミスやった。
ただ、めっちゃ強くなってるのが垣間見えて、ストレンジの続編が楽しみで仕方ない。

今作は結構な頻度でバラエティー要素が入ってたのがとても良かった。

それとハルクが1番強いんちゃうかなと思ってたけど、ソーが1番かもしれへんかなって思えるシーンが所々にあったのも好きやったな〜。

次観れるのが楽しみ( ´_ゝ`)
coen

coenの感想・評価

3.8
コメディー要素多めで、初めてのマイティーソーでも楽しめました!✨
ケイト・ブランシェットがかっこいい…!