panpie

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジローのpanpieのレビュー・感想・評価

5.0
レビューなかなか出来なかった今作。

いつも通っている私の好きな小さな映画館での事です。
上映が1:30からと夕方の6時過ぎの2回のみだったので当然仕事もなかったし1:30からの回を観ようと上映30分前に着いたのですが私の番号は50番!
え!なんで?
待合室を見回すと凄い人の波!
年齢層がとても高くて「人生フルーツ」「ラストプリンセス」以来の混雑振りに驚かされました。

ネーネーズのこの有名な曲は一曲通して聴いたことはなかった。
〝教えてよカメジロー〟と聞こえていたけどこのカメジローが沖縄にとってこんな偉大な人だとは全く知らなかった。

瀬長亀次郎。
第二次大戦後アメリカに占領されていた沖縄でたった一人アメリカに盾突き逮捕、投獄されながらも沖縄の人々からの圧倒的な支持を集め沖縄を一つにした男。
アメリカは亀次郎の演説で民衆が熱狂するのを見て彼を心底恐れた。
亀次郎の歴史は民主主義をうたうアメリカの汚点の歴史でもある。
一体どんな人物だったのだろう。

戦後日本が復興を図っていた時正しくは日本ではなく〝沖縄を除いた本土〟はであるが沖縄にはアメリカ軍基地が建設され本土とは別の復興が始まった。
劇中で語られた米兵が夜訪ねて来て「女の人はいませんか」と言われたと言う。
慰安婦とまでは言わなくても被害にあった女性は数知れずそれを恐れて女物の靴は玄関に置かない様対策を取ったと涙ながらに語るお年寄り。
後で自分の叔母も被害にあっていたと知ったと語っていた。
そんな形ではないけど現在も報道で知らされるが今も沖縄の女性の苦しみは続いている。
「怒り」を思い出す。
許されない事だ。

瀬長さんはその頃朝日新聞・毎日新聞の記者をしていて終戦後はうるま新報(現在は琉球新報)社長就任、沖縄人民党を結成する。
昭和47年本土復帰まで27年に渡って本土から分断され日本国憲法も適用されず只々耐え続けて来た沖縄の人たちを支えリードして来たのが瀬長さんだった。
逮捕、投獄され出獄後選挙で市長に当選するも僅か一年足らずでアメリカ軍の策略により市長の職を解かれ選挙権も剥奪されたそうだ。
アメリカ軍のとった行動は到底民主主義国家とは思えないし言語道断であり一人の人間に対しての弾圧があまりにも非道である事も私は何も知らなかった。
本当にお恥ずかしく本当に申し訳ない気持ちで一杯になり映画を観ながら激しく泣いた。
「ハクソー・リッジ」でも日本は既に沖縄に兵を送るのを止めていたしここで既に見捨てていた事になる。
今の私達の平和な暮らしは本土復帰の昭和47年迄沖縄の全ての人たちを放置した上で出来上がったものだと思うと沖縄の人たちに本当に申し訳ないと思った。
ニクソンとの密約で核兵器は持ち込まないまでも米軍基地はそのまま残す事になり当時の首相佐藤栄作がノーベル平和賞受賞は表向きなのは知っていたが結果的には何も変わらなかったのだと思う。
戦後も何も変わらなかった地獄の様な日々で絶望していた沖縄の人たちへの一筋の光が瀬長さんだったのは間違いないしもっと戦争の事を私たちは学ばなければいけないし子供達にも伝えなければならないんだと思う。
しかし軍隊のない日本はアメリカ軍に守ってもらっている現状ではきっと何も変わらないのだろうなぁ。
日本も他国にした事は酷い事もたくさんしたけどアメリカに原爆を落とされ沖縄を占領されてもそれを大きな声で言えないのはやはりおかしい。
色々今に至るまで繋がっている訳でとても複雑。

トランプ大統領が来日してゴルフ外交や北朝鮮への圧力を安倍首相と会談したそうだけど北朝鮮に守ってもらっている訳で何かあったらよろしく的な確認をしたのでしょう。
とても複雑。

今作のメガホンを取ったのは以前故筑紫哲也さんのNEWS23でキャスターを務めていた佐古忠彦さん。
坂本龍一さんがオリジナル楽曲を書きナレーターは大杉漣さん、元NHKアナウンサーの山根基世さん。
瀬長さんの次女の方がお話ししている映像を見てパンフレットを読むと不屈の精神で戦った父親を彼女の中に見た様に思った。
素晴らしいドキュメンタリー作品。

「人生フルーツ」の様に口コミで広がってロングラン上映されて欲しいと思っている。
多くの人たちに観てもらって知ってもらって考えてもらう。
教科書にも瀬長さんの名前を載せて堂々と子供達に教えられる様な日本になって欲しい。
〝本土〟の私たちが出来る事は一体何だろう。
瀬長さんの力強い目つき、不屈の精神は決して忘れてはいけないと思った。


偏った意見と感じられ不快に思われましたら申し訳ありません。
私個人の意見をこの場で書かせていただきました。
もしかしたらまだまだこれも一部分であって書き残した事もたくさんあると思われますが是非自分の目で沖縄の現在に至る迄の不屈の歴史を多くの人に知って欲しいと思います。