少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

全員を家にあげてあったかいごはんを食べさせてお風呂にいれてあげたかった
「実話を元に」って映画は最後のエンドロールありきだと思う。
この映画のエンドロールはこの時代の残酷さとそのドラマを見せつけてくる。

頼れる大人もおらず、必死で生き延びようとする子供達の運命。

スリルに満ち溢れる展開に思わず目を覆いたくなる場面も。

主人公のファニーは勇敢で責任感がありまさにリーダーであるが故、彼女が泣くシーンは胸を締め付けられた。

こんな過酷な環境の中、ちょっとしたきっかけにはしゃぎ、笑い転げる子供達の無邪気さは世界の宝のような気がした。

良い映画だった。

暫く余韻に浸れる。
Yu

Yuの感想・評価

4.5
飾り気がなくて(実際を知らないからわからないけど)リアルな子供視点が描かれてたと思う。
子供たちの表情が素晴らしい。あの笑顔にはグッときた。
ゲル

ゲルの感想・評価

4.8
緊迫の逃亡劇だった。
子供の目線で描かれるので、暴力的な描写はない。
隠れているときに誰かが物音を立てて見つかる、みたいなお決まりの展開もない。
余計な描写がなくてすっきりしており、そのシンプルさが潔くて良かった。
ラストの映像にはっとした。
全力で走りまくった子供たち全員に拍手を贈りたい。
いい映画だと思ったけど、この題材ならもっと感動出来てスリルもある映画も作れそうな気もする。
☆☆☆★★

2017年9月16日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3
【2017/9/16】
mar88

mar88の感想・評価

3.8
1943年、ナチスドイツの支配下にあったフランス。
二人の妹と共に児童施設にかくまわれていたユダヤ人少女ファニー。
そこでの生活の平穏な日々はなく、密告者の通告により、施設を移動することになったが、そこもまた密告者によりドイツ兵の手が迫っていた。
子供たちはっまた別の場所へと列車で移動をするが、大人とはぐれてしまった。
頑固な性格のファニーは子供たちとまとめる役になり、子供たち9人だけで、スイスの国境を目指す。


実在の女性・ファニー・ベン=アミの自伝を元に描かれた物語。

この戦争という状況下の中、子供の目線で不条理を描いている。
難しい表現はなに一つなく、子供の純粋な目線でただただ不条理を描いている。


自分達は何も悪いことをしていないのに、なぜ逃げなきゃいけないのだろうという、困惑の表情が画面いっぱいに広がっている。
「ユダヤ人が悪いことなら、やめちゃえばいいのに」というユダヤ人の小さな子供がいうシーンがとても印象的。

他にも、切迫した状況に変わりはないが、草原でかけっこ、川で水を掛け合ったり、と微笑ましいシーンも同じく印象的。

また、フランス、スイス国境近くの山間は絶景で戦争中ということを忘れてしまいそうになる。


原作者、ファニー・ベン=アミはインタビューで本を映画化することを許可した理由を、
「わたしが子供だったころと、同じ雰囲気を感じるから」と何度も言っていた。
駅などのシーンで、ちゃんと主人公ファニーの視点の高さから描いていてとても好感を持てたし、逃げながらも子供ゆえの遊びのシーンが挟まれてるのも本来こういう遊びをしている子供と言うのが際立って切なくてとても良い、そしてこれが実話を基にしているという点の、少女たちの勇気と行動に素直に感動した。少年キャラクターも良かった。特に金髪の少年のおちゃらけに和まされたし、キレて大人を威圧するところの迫力が予想外でびびった。
クライマックスは最近『ローガン』でも見た光景。『ローガン』はこれをやりたかったんだろうね。でも『ローガン』は別に戦争状態でも無くて金網で仕切られてもないからカナダ国境まで逃げるという設定が全く心に響かず、逃げてる子供たちにも戦闘能力あるし、こんなん国境越えても追ってくるだろと萎えてしまった。こちらはとにかく捕まったら終わりの本当の弱者な子供だし、戦争状態で無闇に兵士が国境跨いで来れないし金網で仕切られてるし国境越えて逃げれば希望があると言う舞台設定が真に生きていて(実話なんだから当たり前か)、素直に感動できた。ラストの開放感。やり遂げた感がとても心地良かった。

あと運良く、良い大人に出会えたのがいいね。自分に被害が及ぶのを恐れながらも子供たちを助けようと力を尽くしてくれる良い大人たちが地味に格好良かった。

見て損はない良作です。
>|