少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

全員を家にあげてあったかいごはんを食べさせてお風呂にいれてあげたかった
マダムや農夫の様な人の思いを引き継がないと。
ここでもまた、悪の凡庸さに飲み込まれない様にと自分に律する。
子供に銃を向ける時代はまだまだ終わっていない。
jocx

jocxの感想・評価

4.2
まだまだ知らない戦争がたくさんある。第二次世界大戦、ドイツに占領されたフランスで、危険を顧みずユダヤ人の子供たちを匿い、逃がそうとしたした人たち、ナチスから逃れるために命懸けで逃げる子供たち。これは実話で頼りにしていた大人がいなくなり、主人公ファニーが子供たちのリーダーになり、我がままな小さな子や常に反発する男の子、弱気で動こうとしない子を統率しながらスイス国境を目指して逃走する。歩けなくなった子どもを励ましサッカーをしたり、お金を落として拾い集めながら逃走するシーンは緊張感の中でホッとさせられ、子どもの本来の姿を取り戻してくれる。見て良かったと思える映画です。一部の大人の都合で 子供が戦争に巻き込まれることのない世の中を願うばかりです。
実話を元にしているから、子供達だけでスイスへ逃避行というありえなさそうな話でも説得力がある。

旅の途中で、大人が保身のために子供たちを裏切る所、ファニーの困難な中で、それでも幼い子供たちのために平気なフリを見せる所とか、ファニーの年齢を思うとただ絶句するしかない。

ラストの両親とは、結局再会が叶わなかったというのは、つらい…。










この映画を観た後だと、ガンダム1st エピも遠い未来のどこかでありえそうな気がしてくる。

このレビューはネタバレを含みます

あのような罪のない子どもたちに銃口を向ける世の中が正しいはずがない.


2017.10.21
#映画館
たけ

たけの感想・評価

4.2
ドイツ兵から迫害を受けているユダヤ人達。
児童施設で暮らしている三姉妹。
心無い告発者によって他の施設に逃げる事になったが、引率者がいなくなり、子供達だけでスイスに逃げるど言う実話。
捕まったり、ケンカしたりしながら絆を深めていく。
三姉妹がすごく可愛かった。
gonzui

gonzuiの感想・評価

3.5
子どもらの純真さが響く。

占領された国々では市井の人々がナチスに染まっていたという事実。
ファンタジー映画みたいな邦題だけど、内容は真逆。
ユダヤ人の子供達がドイツ軍の迫害から逃れるために、子供だけでスイスへ逃亡するという、実話ベースの話。
ユダヤ人というだけで、子供まで辛い思いをしなきゃいけなかったなんて本当に理不尽。
子供たちの勇敢さ、無邪気さが、こんな極限の状況だからこそ更に輝いて見えた。
samiam

samiamの感想・評価

3.5
とてもいい
ナチス・ドイツから逃れるユダヤ人の少女のお話、両親と別れ厳しい運命を辿らなければいけなかった、ファニー。知恵と勇気で逃走を成功させる。
原作も読んだが、映画は忠実に描かれていた。
>|