少女ファニーと運命の旅の作品情報・感想・評価

少女ファニーと運命の旅2016年製作の映画)

Fanny's Journey

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別…

1943年、ナチスドイツの脅威はヨーロッパに広がり、フランスもその支配下にあった。勝ち気さを内に秘めた13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に、協力者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ファニーの楽しみは検閲の目をくぐって届く母からの手紙と、夜中にベッドの中で父からもらったカメラのファインダーを覗いて楽しかった日々を思い出すことだ。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の協力者の施設に移らなくてはならなくなる。やっと落ち着いたと思ったのも束の間、その施設にもナチスの手が・・・。ファニー達は列車を使って移動するが、ドイツ兵による厳しい取り締まりのせいで引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅で取り残される9人の子供たち。いつの間にかリーダー役となったファニーは、バラバラになりかける子供たちの心を一つにし、いくつもの窮地を勇気と知恵で乗り越え、ひたすらスイスの国境を目指す。しかし追っ手は彼らのすぐそばまで迫っていたー。

「少女ファニーと運命の旅」に投稿された感想・評価

全員を家にあげてあったかいごはんを食べさせてお風呂にいれてあげたかった
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.7
ユダヤ人女性ファニーの自伝映画
生き延びてくれてありがとう
ayako

ayakoの感想・評価

3.5
最後の手紙を使った演出好き
全てが自分好みの映画だった。
なんかもうずっと張り詰めてた。もうダメだろこれ、からの綱渡り。あの状況下であの言動はすごい。自分が同じ立場ならあんな言葉が出てきただろうか。こんなに強い女の子は見たことがない。
抜群の尺でスリリングにかつ爽快な余韻を残す良作。可愛い子には旅をさせよ、というけど大人なしでも何とかするもんだ。ただファニーの引きの強さは尋常じゃないから参考外と捉えた方がいい。
子供達の無垢さに救われる
生きる為に本気で走ったことがあるか
最近で1番いい映画だったかも。
子どもたちがはしゃいだりして笑顔見せるとなんかホッとした。
ファニー役のレオニースーショー、これが初演技らしい。
これからも出続けてほしいな。
空狸

空狸の感想・評価

4.0
じゃれ合って遊んでるシーンや一人10数えて(10までしか数えられない子もいる為?)10分測るシーンが印象的。
この状況下でワイワイできるのは子供ならではでリアルだと感じた。

この手の映画の中では子供達も綺麗で違和感。あと監督脚本の方は初めてなのかな?
個人的にすこし残念だったので4点。

ドイツ映画の「橋」がこってりなら
本作はあっさりじゃ
やさい

やさいの感想・評価

3.6
自分より小さい子どもたちがただ生きるためだけに生きててきれいだった。昔のことのように思えるけど、今も世界のどこかにこういう子どもたちがいるのかと思うと考えさせられる。
>|