櫻

おじいちゃん、死んじゃったって。の櫻のレビュー・感想・評価

-
人が死んだら悲しいと思うのはきっと、名前を呼んでも返事が返ってこなくなるから、体温を感じられなくなるから、動かなくなるから、二度と目を覚まさなくなるから、自分と同じようにその人に生きてる実感を感じられなくなるから。この世とあの世の境がもしあるなら、それが何なのかまだ私にはわからない。だけど、どの死にも意味なんてなく、死に意味をつけたがったり、悲しがったりするのは、いつも残された人たちなんだということだけはなんとなくわかる。もしもまた家族の誰かが亡くなった時、私は泣くのだろうか。おばあちゃんの時は幼かったから覚えてないが、父の時はぼろぼろに泣いた記憶がある。血が繋がっているから家族なだけで、同じ苗字で同じお墓に入ることになってる。居心地がいい時ももちろんあるけど逃げ出したいくらいに居心地が悪いのが常だし、意見も考え方も正反対で全然価値観が合った試しなどない。でもね、「かぞくだった」んだよ。写真は撮らなかったし、お寿司を囲んだりしなかったけど。と、7年前の父のお葬式を思い返して思ったこと。