写真甲子園 0.5秒の夏の作品情報・感想・評価

写真甲子園 0.5秒の夏2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:117分

3.2

あらすじ

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東…

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

「写真甲子園 0.5秒の夏」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

2.0
一昔前であれば 部活映画といえば野球だったりサッカーだったり スポーツ系ばかりだったのに 最近は文化系部活にスポットを当てたものが多くなってきた。
そのすべてを観たわけではないが、『チアダン』『ちはやふる』『くちびるに歌を』『スウィングガールズ』などなどは オレ的には かなり良かったと思う。
今回の この映画、
文化部という日陰の中でも特に陰の色が濃い場所にあるものに目をつけたところは素晴らしいと思う。
が、、、 映画としては ・・・ ぜんぜん あかんわ。

地区予選なんて ほぼ省いちゃってるから写真甲子園(全国大会)に出場するのが どれほど大変なのか まったく伝わってない。
野球でも そーなんだけど 地区予選を勝ち上がっていくのが大変なわけやん。
大変だから そこにドラマがあるわけやん。

写真を撮って金をもらってるプロとして言わせていただくが、劇中で写真を撮っているが あの撮り方では 実際には まともに撮れた写真は少ないはずだ。
シャッターを押したと ほぼ同時にカメラを動かしてしまっている。
あれでは 撮れた写真はブレブレだ。
演技指導者にカメラに通じたプロがついていたのか?
そんな細かいところまでダレもわからないだろ ・・ と視聴者をバカにしてるのか? と思えてしまうレベル。
先に挙げた 『チアダン』や『スウィングガールズ』なんかは 素人の女優たちが その映画のために そうとうな努力をしたんだろうことが わかる。
だから感動するわけだ。


まだまだ挙げればキリがないほど言いたいことだらけだ。
どういう映画を作りたいのか? なにを訴える映画にしたいのか?
それらをじっくり考え 頭の中で練りに練って 大事に大事に温めてきて ようやく形にできた。。。 という映画ではない。
それこそ言い方が適切ではないだろーが 中学生映画クラブが作ったレベルだ。
実にもったいない。


審査員の厳しい言葉、
監督にこそ その言葉を贈りたい。

ラストに 実際に過去 写真甲子園に出場した高校生写真部の子たちを撮った写真がエンディング挿入歌と共に流される。
そこが この映画の唯一 良かったところだ。
mayu

mayuの感想・評価

4.0
この映画の舞台でもある東川町は1年程前に存在を知って。
年末にお母さんと話をしていた時にたまたま東川町の話題が上がって、HPを見たら映画をやると。(映画見たのはお正月辺り)

写真が好き、町興しに少し興味を持っていた、好きな読モさんがブログに東川町について書いていて気になった、近所の本屋さんに「東川スタイル」がラス1で置いてあった、東川町は写真の町でもあると知った 等々…いろんなことが重なって東川町がどんどん気になって。
このご時世でも人口が増えている町。
写真の町条例が1985年に制定され、写真写りの良い町づくりをしてきたところ。

近いうちにいつか必ず行きたいと強く思っているところ。

今回映画を通して東川町をはじめ、周辺の美瑛や旭川など北海道の自然等を目にすることができて単純に嬉しかったなと。
自分も写真を撮るからなのかわからないけれど、何回か自分でもなぜ泣いてるのかわからない時があって。
それは高校生たちが本気で写真甲子園と戦っているからだったんだと観終わった後にHPのプロダクションノートを読んでわかった。
実際に写真甲子園で審査員をしている写真家の立木義浩さん、竹田津実さんが審査員役で出ていてしかもコメントも台本なしにその時に見た写真に対して思ったことを述べていると知って…だから刺さるものがあったんだなって。
「写真は氷山の一角のようなもの。どんな物が隠れているか、それが伝わる写真でないといけない。」みたいなコメントがあって。自分にとって大切にしたい台詞だったなと。

もっと色々思うことがあったんだけれどなかなか短く言葉に纏めることができなくて…。こんなに遅くなってしまったけど、言いたいことは写真やってる人には特に推したい映画。伝わってくるものがあると思う。
写真部である自分にはたまらない作品であった。
肉眼では伝えられない美を一眼レフで撮り収める。それはシャッターを押すひとタイミングで決まってしまう。1コマ0.5秒に全てをかけた高校生たちのひと夏の戦い。ただひたむきに写真を撮り続ける高校生たちに胸が熱くなった。
エンドロールは良かった

脚本も演出も、なんか微妙
作中に登場する写真がプロが撮ったのか
実際に過去の大会で高校生が撮ったものか解らないが
もっと出し惜しみせずだすべきだ

大会に送る写真を選ぶシーンとか
写真を見せず、生徒同士で選んでるだけだし

これはドキュメントでやった方がいいんじゃなかったのだろうか
東京代表に選出されるのが初出場の進学校の即席チーム、なんだけれどもその設定が生きたと思える場面には終ぞ出会えず。

或いはまた。

その学校の顧問が、北海道で行われる本戦の三日目に、生徒たちが自ら撮りたい主題を見付けた、という旨の台詞を喋るんだけれどもその前後に葛藤や脱皮、開眼を印象付けるエピソードが用意されていない。

という具合に。

不自然な説明台詞と説得力のない展開と、モチーフの特異性に頼り切った場面を前後の文脈を無視して挿し込む適当な作りとが目立つ酷い出来栄え。

それっぽさを狙って大失敗しているようにしか見えませんでした、と。
ぷに

ぷにの感想・評価

3.2
ども
花火と登山した時しか撮ってないなんちゃってカメラマンな自分です。

写真部の全国大会
そんなものがあったのかと,この映画を観るまでその存在を知りませんでした(爆)
高校生がキラキラしてて眩しすぎて大変でした。

でも下手にストーリーの映画より
ドキュメンタリーのほうが良かったかな。。。

舞台は北海道東川町
雄大な自然の風景に見とれていました。
今は暴風雪で大変な北海道ですが夏も良いな~
来年は行ってみようかしら。。。笑

そうそう,観てて気になって気になって仕方なかったのですが
カメラとプリンタはキヤノン
PCとモニタはDELL
定番ですね 笑

入場者特典がお米でした。
東川米ゆめぴりか420g
無洗米なのが助かります 笑

そんな2017年観納め(スケジュールの都合で)



2017.12.31
MOVIX三郷

2017年214本目
この作品、良いと見るか?つまらないと見るか?それぞれの感性により見え方が違うと思います。

そして『写真甲子園』の存在をこの作品で知りました。
行きたいから、頑張ったから行ける事はなく、3人一組のチームワーク。
写真には、3人その時の状態まで出てしまうんですね。

北海道の自然の雄大さ
風景や景色。
そしてそこに暮らす人々の一瞬の表情
と派手さはないシンプルな作品ですが奥深さがあり好きです。

そして来場者記念として大黒摩季さんが歌う主題歌とエンディングが収録されたCDかDVDか分からないけど、(まだ未開封)プレゼントされました。
さすがにお米はなかった(^-^;
楓

楓の感想・評価

3.5
自分も学生時代写真部だったこともあり、感情移入しながら観てたので胸が熱くなった。
自然写真が得意の東京の高校と、人物写真が得意の大阪の高校に焦点をあてていて対比が分かりやすかった。私も当時撮るのは人物より自然が多かったから、わかる!と思いながら観てた。
何を撮りたいのか仲間と方向性の違いでぶつかったり、講評でダメ出しされて凹んだり、それぞれのグループにそれぞれのアクシデントが起こって、それでも仲間と一緒に立ち向かう高校生たちの姿は観ていて胸熱。結果はどうであれ、仲間と何かを成し遂げることは何よりもかけがえのない財産だなぁと今ならわかる。
写真甲子園の舞台である東川町は地元からほど近く、私自身も大会で3年間行ってて(写真甲子園ではなく高文連)、知ってるお店も出てきたり、観ていてとにかく懐かしかった。
目標に向かってひたむきに頑張る高校生たちは、何故こんなにもキラキラしているのか…でも現役高校生の子は自分たちがキラキラしてるなんて自分では感じてなくて、目の前のことにただ必死で…そんなことを思いながら見てたので、個人的にだいぶ感情移入した。
過去エピソードは抽象的だなと思ったけど、その部分以外はよかった。
エンドクレジット前に、実際の写真甲子園の写真が第1回大会から映し出されてたのがよかった。大黒摩季さんの歌もよかった。
みみも

みみもの感想・評価

2.9
地元で大量にチケットがばら撒かれていたためか、こちらでは珍しく混んでいました。
よく知った景色が次々とスクリーンに現れるのは楽しかった。
でも、千葉真一がらみのエピソードも変な暗さがあるし、二人の主人公?の親交の深まりがよくわからなかったし、なんだかとっ散らかっていた。
立木義治の批評がドキュメンタリーのように生々しくて驚きました。
>|