写真甲子園 0.5秒の夏の作品情報・感想・評価

写真甲子園 0.5秒の夏2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:117分

3.3

あらすじ

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東…

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

「写真甲子園 0.5秒の夏」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

2.0
一昔前であれば 部活映画といえば野球だったりサッカーだったり スポーツ系ばかりだったのに 最近は文化系部活にスポットを当てたものが多くなってきた。
そのすべてを観たわけではないが、『チアダン』『ちはやふる』『くちびるに歌を』『スウィングガールズ』などなどは オレ的には かなり良かったと思う。
今回の この映画、
文化部という日陰の中でも特に陰の色が濃い場所にあるものに目をつけたところは素晴らしいと思う。
が、、、 映画としては ・・・ ぜんぜん あかんわ。

地区予選なんて ほぼ省いちゃってるから写真甲子園(全国大会)に出場するのが どれほど大変なのか まったく伝わってない。
野球でも そーなんだけど 地区予選を勝ち上がっていくのが大変なわけやん。
大変だから そこにドラマがあるわけやん。

写真を撮って金をもらってるプロとして言わせていただくが、劇中で写真を撮っているが あの撮り方では 実際には まともに撮れた写真は少ないはずだ。
シャッターを押したと ほぼ同時にカメラを動かしてしまっている。
あれでは 撮れた写真はブレブレだ。
演技指導者にカメラに通じたプロがついていたのか?
そんな細かいところまでダレもわからないだろ ・・ と視聴者をバカにしてるのか? と思えてしまうレベル。
先に挙げた 『チアダン』や『スウィングガールズ』なんかは 素人の女優たちが その映画のために そうとうな努力をしたんだろうことが わかる。
だから感動するわけだ。


まだまだ挙げればキリがないほど言いたいことだらけだ。
どういう映画を作りたいのか? なにを訴える映画にしたいのか?
それらをじっくり考え 頭の中で練りに練って 大事に大事に温めてきて ようやく形にできた。。。 という映画ではない。
それこそ言い方が適切ではないだろーが 中学生映画クラブが作ったレベルだ。
実にもったいない。


審査員の厳しい言葉、
監督にこそ その言葉を贈りたい。

ラストに 実際に過去 写真甲子園に出場した高校生写真部の子たちを撮った写真がエンディング挿入歌と共に流される。
そこが この映画の唯一 良かったところだ。
私、恥ずかしながら何をやっても中途半端な男ですf(^_^;そんな私には眩しい映画でした(^ω^)あの長澤まさみがブレイクした『ロボコン』でもこんな世界あるんや❗と思ってましたが、こんなところにも、こんなにも熱い世界があるんや❗と。高校野球だけやないですね、今をカケル、青春、高校生No.1を決める熱い闘いが。号泣しちゃいました。スマホしかないけど、これから写真を撮るときは意思を持って、この瞬間を0.5秒にかけます❗(^ω^)
やみ

やみの感想・評価

3.8
タイトルやあらすじを見て面白そうだったので鑑賞。

期待以上の作品だった。キャストがはまっていて登場人物が色々な思いをもって写真甲子園に参加して…
文化系の部活だが写真にかける情熱がアツく、盛り上がりもあった。

内容は大人から見たらうまくいきすぎだと思うところは否めないが、高校生ならではの青臭さだとか幼さが生み出すまっすぐな思いが眩しくて、キラキラしていて良かったと思う。高校生の時はただ目の前のことに全力で大人の事情だとか余計なことを考えていない。だからこそ大人からしたら色々な問題に違和感はあるかもしれないが、この映画は高校生に戻った気持ちで素直に鑑賞するのが良いと思う。

見終わった後はほっこりしたし、一枚一枚の写真の重みが感じられた。
はなこ

はなこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょくちょく泣いてる自分


写真甲子園て優勝するには大変で狭き門を通らないといけないけど奥深くて何か感じるものって感じがした
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
写真甲子園、出て見たかったなぁー。実際にある町興しのPR映画、キャストもハマってて熱かった!何より北海道の雄大な大自然が美しく、気持ちいい。都会にいながらその風景の中に立ってるような感覚、流石、日本一写真の映える町(o^^o)審査が辛口なのも良かった、実際にあんなに厳しいのだろうか?スポーツに負けないくらい必死にもがいてた、最近の文化系は熱い!
east0296

east0296の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

講評の先生は実際の講評の先生かもしれないけれど、リアル感がでて良かった。
言うことに重みがあり、高校生にとっての道しるべとなる言葉がちりばめられていて。
大阪の高校の先生が辞めなきゃいけなくなるっていうのはちょっと蛇足だったかな~
北海道東川町で開催される「写真甲子園」
写真を撮るってのも淡々としているようで熱いんだね~

この大会1994年から始まっており20年以上もの長い歴史がある。
もちろん今年も開催されるのだから気になる!

写真甲子園での厳しい審査や東川町での撮影風景など興味深く鑑賞できた。
ただ、ドラマ部分は・・・あまりいらなかったかな?
何もかも中途半端に終わっちゃって感情移入のしようがない。
一番グッと来たのも写真甲子園での過去作品が紹介されるエンディング

まあ北海道の大自然は思う存分に満喫できるので損はしないと思います。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
爽やかで、清々しくて…気持ちの良い作品だった…♡

北海道東川町で実際に行われている「写真甲子園」…☆ 街興しの為に始まった大会なんだ…♡(知らなかった…汗)

(…この作品はフィクションだけれど…)
高校生たちの一所懸命な姿が…輝いていた…♡
…「青春」…良いな…(笑)

「映画」としては…ちょっと出来過ぎかな…と思うけれど…(トラブルや仲間割れなど…)
逆にストレートで良いのでは…と思う…♡
捻りがないので…好印象…♪

冒頭に何枚か写真が映ったけれど、
実際に高校生が撮った写真なのかな…?
…「おおっ‼︎」…となった…☆

(劇中の写真も…そうなのかな…?…
素敵な写真…沢山あった…♡)

本編後…今までの大会の様子が「写真」で映されるけれど…
「皆んな、良い顔」…♡

北海道の風景も本当に綺麗…♪
…私も撮りに行きたい…(笑)

(…「暑い」…という理由で…写真、今は少し休憩中だけれど…
私も…また撮りたくなった…笑)

一瞬にかける想い…一枚にかける想い…仲間、青春…
伝わってきた…☆
(…途中で、何回か…ほろほろ…となった…涙)

観易くて…胸が熱くなる作品だった…(o^^o)
ムギ

ムギの感想・評価

2.0
全く話の筋道が力任せで薄すぎます。
ただただ、高校生が2度と来ない青春を懸命に生きてます感。
登場人物の背景など薄いのに想いだけを無理矢理映画に乗せてるのでやはり勢いだけの力任せにしか映りません。
映画に出てくる写真にしても、高校生が全力で撮ったものをセレクトして欲しかった。
その一枚をどんな想いでシャッターを切ったのか?
その想いの詰まったシャッターの重さ、そんなものを期待して見てましたので少し、いいえ、かなりガッカリしました。
ターズ

ターズの感想・評価

3.1
色んなことが中途半端だったかな。
惜しい作品です。
>|