あおい

バーフバリ 王の凱旋のあおいのレビュー・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)
3.7
シヴァ神すらも、跪く。その英雄の名は…
「バーフバリぃぃいいいい!」
史上最強の伝説を刮目せよ!

ついに完結!バーフバリ!アホになって140分過ごそう!王を称えよう!

◎ストーリー
次期国王バーフバリが、恋に落ちたのはクンタラ王国の王女デーヴァセーナ。順調に仲を深めていく彼らだったが、バーフバリの兄バラーラデーヴァが彼女に求婚する。しかし、彼女はその申し出を拒否。バーフバリを選ぶ。深まっていく兄弟の確執は、次第に国母シヴァガミにまで。
今明かされる、バーフバリ伝説の全て…

表紙絵の弓矢番えるシーン、最高!バーフバリカッコよすぎる( ^ω^ )もう、全ての戦いが爽快!バーフバリ無双でゲーム作ろう。絶対売れるから。

前回の衝撃的ラストからはじまる今作。カッタッパ、まじ熱いおハゲ丸だぜ( ^ω^ )政治色やスペクタル感は前作をはるかに凌ぐ出来栄えで、まさに壮大な大河ドラマ。これは前後半にしないと収まらないよというボリュームでした。

ボリウッド特有の唐突なミュージカルは控えめに、戦闘がミュージカルと同化するという圧倒的コンビネーション炸裂。シヴァ神の歌、頭残りまくり( ^ω^ )

ド派手の域を通り越して、このバーフバリという作品でしかできないアクション。「300」が霞むほど。

目まぐるしい展開にしんどくなるけど、映画観てるわぁってめっちゃなる作品。全方位からお腹いっぱいの名作でした( ^ω^ )