バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

ザック・スナイダーが作ったインド版ハイロー、って感じで最高だった! 万歳 ! ブーフバリ!
にん

にんの感想・評価

4.1
鬼のごとき強さ!笑
donboi

donboiの感想・評価

4.0
デーヴァセーナがかっこよすぎて惚れちゃう
主

主の感想・評価

-
アドレナリンがものすごく出る
hari

hariの感想・評価

3.8
出てくるキャラみんな濃いけど、
1番好きなのはカッタッパ。

カッタッパと父バーフの仲良しシーンが全て、後半に繋がってくると思うとにくい作り。

その後1を見るともっと、来るものがある。

忠臣+お父さん属性とかされると、
泣けてしまう
①2/9塚口サンサン劇場 重低音ウーハー上映
②3/11movixあまがさき 爆音映画祭
③4/28塚口サンサン劇場 重低音ウーハー上映
④6/16友人宅
インド文学の古典、マハーラージョの世界観がボリウディ&CG で感電して出会い。
同じように、古事記の映画化を渇望している石井輝男監督に感想聞きたい。
1を観た後に2を観た興奮と感動。
面白すぎる
nobu

nobuの感想・評価

4.5
先に謝っておきます。ごめんなさい。
やっぱり一作目は見方が間違ってました。しかもノリで見た方が、なんて思ってましたが、それも完全に自分が勘違いしてました。
本当にすみません。

二作目を見終わって、めちゃくちゃ面白かったです。
一作目と比べて明らかにバージョンアップしたアクションもさることながら、二作品をとおして描かれた主人公二代に渡る壮大な叙事詩に感動しました。

邦画見ないので良く知らないですが、邦画にもこんな作品あったら是非見たいです。

一言:あっぱれインド、あっぱれトリウッド
KK

KKの感想・評価

4.4
1に続いて鑑賞
めちゃくちゃ面白い!!
1で残された謎や2→1と繋がったりと続けて観るとより楽しめた。
インド映画の音楽ってなんでこう頭に残る音楽なんだろう
ついつい口ずさみたくなる「バーブバリ」
他の映画でもそうだけど、革命とかそういうので民衆が声を揃えて歌うみたいなシーンめちゃくちゃ好き
中盤あたりが1番好きだった。
後半にいくにつれて、ちょっと人智を大きく外れ始めた(°▽°) 重力無視するし

ストーリーもなかなかよくできてる!!
主人公が誰か一瞬忘れかけるけど、バーブバリ父も息子もめちゃカッコいい
まぁ父の方が好きだけど
意外と感情移入できて、油断すれば泣ける

スケール半端ないし、インド映画の本気を見た気がした
>|