バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

sksk

skskの感想・評価

5.0
新宿ピカデリーの音響のよさに思わず笑う。映画館で観てほんとよかった。
あの会場が一体になったような高揚感って、そうそう味わえるものではないからなー!
ヨーロッパ的でもアメリカ的でもない新しい種類の格好良さ。その萌芽に傅くしかない。8億点くらいつけちゃう。
SahoMaeta

SahoMaetaの感想・評価

5.0
風邪も治るぞ!!!!
PETER

PETERの感想・評価

3.8
バーフバリ リア充の巻
ちょっとインド版仮面ライダーっぽいかも
“大いなるミュージカルアクション映画、ここに完結(多分)”

前作“伝説誕生”を観てる前提のレビュー。

ざっくり構成をいうと前作エンディングの「何であの人があの人を殺しちゃったの!?」の答え合わせ、つまり先代バーフバリのお話から始まる。
それが1時間40分くらいかけて語られ、残り50分で現代バーフバリとあの王様の因縁バトルに突入!という流れになる。

前作で免疫がついてるからいいけど、始めのその1時間半で起こる出来事とキャラクター達の動機や発想の関連性が理解不能な箇所が多々ある。
そこを面白がって声に出し、ツッコミまくれるかどうかがこのシリーズを楽しむ最大のポイント。
そんな勘違いある?そんな理由でそこまでやれちゃう?てか、アンタ前作でそんな性格だったっけ?絶対いまそれやらない方が良かったよね、んん?
などなど北斗百裂拳の如く違和感をボコボコに突っ込んでいくのが楽しい。

いったい本作はどこまでインドの史実に忠実なのだろう。

後半のクライマックスバトルも、前作とはまた違った戦術、仕掛けがあって面白かった。

なんか80年代TVゲームや漫画を観ている気分になる。

もう一度前作の爆発力、バブリーを味わいたい方には間違いなく答えてくれる続編となっている。
あだち

あだちの感想・評価

5.0
バーフバリ最高かっこいい
しびれる
泣けるし、壮大だし、映像綺麗だし
何はともあれバーフバリかっこいい
えりー

えりーの感想・評価

3.6
バーフバリ!バーフバリ!
小原

小原の感想・評価

3.9
インド映画は観ると元気になるなー。
すごく絢爛豪華かつ壮大な絵本を読み終えたような感覚。

色合いがとてもきれい。ターセム・シン監督の名作「落下の王国」を彷彿させるような映像美。

そして壮大な世界観。頭の中で“バーフバリランド”や“バーフバリ無双”といったワードがポンポン出てきた。

昔「少林サッカー」や「カンフーハッスル」が劇場公開した時は、“ありえねー”っていう面が強く押し出された宣伝だったけど、今作はそういったものよりも、“王を称えよ!”や“栄えよ!バーフバリ”といったノリの方が強かったので良かった。突っ込みどころ満載なのだけど、バーフバリの猛攻がそれらをも巻き込んでいくような。

このレビューはネタバレを含みます

前作以上に好きや…
前作もそうだったけど、より映像美的な面もあった。前作の謎が明らかになって、カッタッパが悪役じゃなくて安心笑
TAKE

TAKEの感想・評価

3.8
壮大ではあるけど、やっぱどこかコメディなのかしら、と思ってしまう。伝説誕生の中身をあんま覚えてなかったせいか、中身はあれ?と置いてけぼりになることもしばしば。だけど、それでもPVとかコメディ観てる感覚だから楽しかった。
没頭させてくれるという点ではいい映画。
>|