バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

コピーは、王を称えよ!だけれど、バーフバリは神!ってほどにカッコよかった。たくさんの映画を観てきたけれど、こんなにパワーのある映画はなかなかない。完全版でないことだけが、不満。
wkbkk

wkbkkの感想・評価

4.2
もうバーフバリ!!この一言に尽きる!!!
全キャストが全身全霊の全力投球!!あんだけ本気でやられたらもう最高に決まってる(笑)これは細かいことなんてどうでもいいのだ。回想シーンが2時間あったってそんなの気にしない。誰が主人公か見失っても関係ない。エンドロール?そんなものいらない。史上最強の戦士、バーフバリさえいれば他は何もいらない!!
私も是非マヒシュマティの国民になりたい。一緒に叫びたい(笑)
映像音響迫力があって良かったです!ストーリーは、25年は長すぎ、彼も最後ああなるけれど、思い残すことないんじゃないかな
Yoshiki

Yoshikiの感想・評価

4.0
王を称えよ!
伝説誕生を見てから見ることでぶち上がることのできる至高のエンターテイメント。CGがちゃちいとか細かいことは気にしちゃいけない!バーフバリの覇道を描く叙事詩的な映画。初のインド映画がこれでよかった。伝説誕生はインド音声、今作は吹き替えでみたが、どちらもよかった。是非見てほしい。
今年度目標
バーフバリになる
nakahira

nakahiraの感想・評価

2.9
特典映像で観れるメイキングが何でもなさ過ぎて最高
AmK

AmKの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観ていて気持ちがいい。
エンドロールもびっくりするくらい短くて、よい。
kei

keiの感想・評価

4.0
シネマシティの爆音上映で鑑賞
まさに超怒涛の映画だった
バーフバリ、ジャイホー!
予告で「一生に一度出会えるかの一本」と銘打たれているけど大げさでもなんでもなかった(私にとっては)。
間違いなく私の今後のオールタイムベストに食い込み続けるであろうド名作。
既に劇場で8回見ているけど、未だに飽きる気配を見せず、今後も増える予定。
もうこの面白さたるや筆舌に尽くしがたい。
全てが桁外れのスケール。
物語の壮大さも、アクションも、役者の芝居も、美術も、音楽も、筋肉も、演出のアイデアも…100点満点中の7億点。
例えば、私は映画「アベンジャーズ」のクライマックス、NY決戦でヒーローみんなが集結した所で「Foooooooo!!!」と叫びたくなるんだけど、そんな瞬間が10分に1回訪れる。
歌舞伎の見栄のような、1枚画にしてもビシッと決まるようなクールな演出がてんこもり。そんなのもう絶対かっこいいに決まってんじゃんの連続。
やばい、面白さの過剰摂取。面白すぎて死んじゃう。
英雄バーフバリの度を越したかっこよさなんて、惚れるとか通り越して「尊い」の域。拝みたくなる。
見終わった後に「このような徳高き王が何故教科書に載っていないのか」と憤慨してしまうレベル。
あれ、バーフバリって史実じゃなかったっけ?
こんな風に書くと、ハチャメチャな画ヂカラ重視系エンタメと思われそうだけど、否!
よく見るとそこかしこに溢れる伏線の回収、リフレイン描写の数々には唸るばかり。
「うわっ、最初の方で出てきたあのシーンとこのシーン、対比になってるんだ!」ってやつ、映画ファンは大好物でしょ?
何度見ても新しい発見があり、この監督どこまで緻密に作ってんだよ…と恐ろしくなるくらい。
このバーフバリ2作品連続上映を体験して以来、何をしていてもバーフバリの事しか考えられなくなってしまった。
象や牛、白鳥を見ると興奮するし、ヤシの木なんか見たらテンションMAX。
ターメリックを浴びながら「ヘイサ~~ルッドラサ!」と口ずさみたくなるという完全に日常生活に支障をきたすレベルの病気になってしまったので、これから見る人はほんと気をつけて下さい。
そ

その感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

昔の少年漫画みたいにどの場面も熱苦しく色んな感情を総動員させられる(腹に力も入る)ため、見終わった後50キロカロリーくらい消費してそう。

アクションのキレというかセンスはマシューヴォーンに近いような。スローモーションの使い方とか。

弓のシーンは卑怯。あんなんされて惚れない女はいないだろう

悪役が清々しいほど悪役してて良かった。強いし。
最期の台詞も命乞いするわけでもなく「一緒に死のう」とか意味わからんこと言ってて笑った
>|