バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

常に絶対的な王バーフバリ。
とにかくバーフバリがすげぇ映画。
怒涛の展開に映画数本分の満足感。

ドヤ顔満載の演出が段々クセになる。
伝説誕生の録画を消した事を今凄く後悔している。

王の凱旋が始まりだったのだ。このバーフバリの壮絶な愛と復讐の物語を見て、伝説誕生を見たら涙ポロポロだっただろうな。

シヴァガミのあの腕1本に込められた思い、デーヴァセーナの中にある炎、カッタッパの瞳の中の哀しみ、デーヴァセーナを救おうとしていた人たちの悔しさ、今見ればもっと深くバーフバリ出来ただろう。

1番好きなシーンはカッタッパと過ごしたクンタラ王国での日々。本当の親子のようだった。息子の恋を嬉しそうに眺めたりして(*≧艸≦)

だけど、ふたりは… バーフバリの優しさに何度も泣いた。カッタッパを助けるところから最期の言葉までもうボロボロ。

インドの女の人はみんな綺麗だなぁ。そして、強い!デーヴァセーナ、お姑さんにあんなにズバズバと…羨ましい。

インド映画って色鮮やか。美しかった(⁎˃ᴗ˂⁎) いつか完全版も見たい。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.8
2いいですね!

ブッタッサの歌が耳から離れませんわ

ほんまおとん最高やな

クセはことごとくなにもかも強いやん

矢をイヤリングにピーンと当てるとこで私も胸が跳ねた
寝てもーたけど、一応星空の映画祭いったので
やっぱり1見たら2も観なくちゃ。父ちゃんバーフバリ、最高!
でも、あんなに綺麗だったお母ちゃんが…。変われば変わるものだわ。
久保田

久保田の感想・評価

5.0
王を讃えるのみ
バーフバリ!バーフバリ!
みず

みずの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

バーフバリ完結編。凄いおもしろかった。
前回の内容がわりと詳細に説明されつつ、、でも、ほぼ全てがバーフバリ父の回想で、バーフバリ息子の凱旋はちょびっとだった。
正直、昔の方がドラマ的だったし、バーフバリ息子はそこまで王国に思い入れもないだろうという、潔い構成がよかった。息子編長くてもダレちゃうし。
バーフバリ父は人間的に最高で、でも周りの嫉妬を受けて幸せにはなれなかったのが悲しいね。お母さん、第1部では優秀な指導者だったけど、本作ではデーバセーナ絡みで少しヒステリー気味な采配が目立った。
やっぱり、俺ツエー的な感じで、クンタラ王国に潜入していた時とかは爽快でした。
カッタッパの苦悩、親子愛、バーフバリとカッタッパの信頼関係など、ホロリと来そうになった場所も多々あり。凄いよかった、
人にも勧められる映画でした( ̄▽ ̄)
pepeyaaan

pepeyaaanの感想・評価

4.3
1あっての本作なので、必ず1を見てから見てほしい!
見終わった頃には家族でバーフバリ!バーフバリ!って言いたくなる映画でした!
AkikoAso

AkikoAsoの感想・評価

3.4
壮大な王位奪還物語。父親大活躍!でも主人公は息子?前作からここへつながる
映像娯楽活劇超大作。ムトゥー越えを果たしたスマッシュヒット。インド映画をなめたらいかんぜよ。
>|