バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

常に絶対的な王バーフバリ。
とにかくバーフバリがすげぇ映画。
怒涛の展開に映画数本分の満足感。

ドヤ顔満載の演出が段々クセになる。
かま

かまの感想・評価

4.0
バーフバリまとめて鑑賞の2作目
兎に角ビジュアル重視、テンション重視
細かいツッコミは無粋というもの
娯楽映画を見たいなら今年はこの映画を薦める
インドって女が強いのね
sport

sportの感想・評価

4.3
ストーリーが面白い
インド映画ならでは面白さもあると思った
これは有る意味、映画と言う宗教だ💡

【以下ダメダメな感想です】
お正月に汚ねー木箱に小銭をチャリンと投げ入れて【今年1年の無病息災を❤】とか名も知らぬ神仏に祈りを捧げるお目出度い輩にピッタリ😄
なんてったって「この映画を見ると開運できる」のです。本当かな😅?
でも「王を称えよ!」の呼びかけに応じて【バーフバリ!】と連呼すれば、開運はしないにせよ、とりあえず健康になれるかも😌✨

奴隷剣士カッタッパ💡偉大なる王の為なら不惜身命で、マジで命を捧げる精神性。ほんの70~80年前の日本もそうでした。天皇陛下万歳🙌って喜んで命を捨ててましたっけね。

▼炎の中、バーフバリが兄王からトマホークで斬られまくるシーン……先日、新幹線でナタで凶行した犯人は、きっと本作のトマホークのシーンを参考にしたでしょう。世の憎しみをトマホーク(ナタ)に込めて一心不乱に殺します。カッタッパ(JR職員)の制止も無視。

▼1時間53分間まで前作の回想😅
残り27分が前作の続き💡

母シヴァガミが揺らぎすぎ😅
やっぱり「母の言葉を法と心得よ」とか言う愚かな権力者には讒言って有効ですね😰
バーフバリ、ジャイホー!
バーフバリ、ジャイホー!
絶叫上映にて鑑賞
chi

chiの感想・評価

5.0
最強
st

stの感想・評価

4.0
劇場が盛り上がるほど評判がいいと知ったものの、(けどインド映画ってミュージカルシーンが多くて中だるみしちゃうんよなぁ…)とあまり期待せずDVDにて鑑賞。

…なにこれめちゃくちゃカッコイイ!!
こんな王道、王様まってた!!
戦闘シーンはなんだか漫画キングダムを思い出すカッコよさ!シリアスな場面で「やりすぎだって!」と爆笑するシーンが多かったり、コメディ要素?もいっぱいだけれど、面白かった!!

ファンにならずにはいられない!
バーフバリ!バーフバリ!
「伝説誕生」で神話的と言ったけど、「王の凱旋」は神話そのものじゃないか笑
それもギリシャ神話や古事記。要するに神様なのに妙に人間臭い身勝手や迷いがあって、親子ゲンカや痴話喧嘩で世界が大変になっちゃうやつ笑

基本の撮り方、魅せ方、テイストは「伝説誕生」と同じね。言うことないよ。
今回それ+ラヴコメあり、嫁姑問題、親子の愛憎あり、神話なんだけど俗っぽい下世話さもあってサイコー笑

格調高くやればシェークスピアの悲劇映画、黒澤明の乱みたいにもできるけど、歌とダンスとアクション詰め詰めのエンタメ映画にしかならないのがインド映画のかっこいいとこだと思った!

思えばこの監督が前に撮ったマッキーも切ないラヴストーリーを奇想とインド映画メソッドで笑える娯楽映画に仕上げてたもんな。

ちなみに一番好きなインド映画はロボットです。
GentaBaba

GentaBabaの感想・評価

4.5
ありがとう…
>|