バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

少年ジャンプに連載されてた感 満載

バーフバリ!
バーフバリ!
バーフバリ!
なお

なおの感想・評価

5.0
シャブ
タカミ

タカミの感想・評価

4.5
インド大活劇。インド凄い。ほんと凄いのだけれど、私が大人になり過ぎたのか。悪者と正義と戦いの三点セットは、地球上で一番の娯楽で楽しいものなんだなーだから地球上から無くならないんだなーと、シュンとしてしまった。真面目か。
とと

ととの感想・評価

4.2
1に続き、もっと観ていたくなる中毒性があり、海外ドラマをぎゅっと濃縮したような作品。

バーフバリ中身も外見もイケメンすぎて本当に神だった。

独立したジャンルを操るインド映画は、今日もまた1人と、ボリウッドの魅力の沼に引きずり込んで行った。
いなり

いなりの感想・評価

4.5
バーフバリかっこいいと思ってたけどバーフバリ(父)はもっとかっこよかった。
嫁たちは揃いも揃って美しいし。
そして相変わらずの気持ちいいアクション。
バーフバリとデーヴァセーナ妃の弓の共闘シーンが大好きなので何度でも見たい。バーフバリー!
とんでもないアクション
とんでもないリアクション
Insop

Insopの感想・評価

5.0
「バーフバリ 伝説誕生」の続編。

河で拾われた子シヴドゥは逞しい青年に成長していた。そして、マヒシュマティ王室付き奴隷のカッタッパに聴かされたのは、本当の父アマレンドラ・バーフバリと母デーヴァセーナの事、そして父を殺し、母を幽閉した伯父バラーラデーヴァの事であった。父と母の復讐のため、奪われた王位のため、シヴドゥことマヘンドラ・バーフバリの戦いが始まる、、、的なお話。

ごめんなさい。
本当にインド映画を甘く見てました。
認識を完全に改めます。

前作も凄いのですが、本作は凄まじく、かつ素晴らしいです。141分とちょい長めなのに、片時も目を離せないです。

激胸アツの展開とアクションは圧巻。結構映画観てる方とは思いますが、ここまで凄いのはの観たことありません!

魅せ場の連続と怒涛のアクション、有無を言わさずアツくさせる展開。
どれも並みの映画ではないのに、それが劇中、ずーっと続きます。

何が魅せ場で、何がキメ場なのかをすべて完璧に理解した上で、どんな撮り方が一番効果的なのかをガッツリ検討してないと撮れないと思います。

前作もかなり凄かったのに、後編である本作は前作が霞んでしまうくらいです。

まだ未観の映画ファンの方には声を大にしてして言いたいです。
「観ないと損します」。

めちゃくちゃスケールの大きな叙事詩映画の大傑作。
Takaku

Takakuの感想・評価

5.0
愛 憎悪 復習 突然の歌
最高!!!
完全版を観るのが楽しみ。

ジャイ!マヒシュマティ!!!!
あおい

あおいの感想・評価

3.7
シヴァ神すらも、跪く。その英雄の名は…
「バーフバリぃぃいいいい!」
史上最強の伝説を刮目せよ!

ついに完結!バーフバリ!アホになって140分過ごそう!王を称えよう!

◎ストーリー
次期国王バーフバリが、恋に落ちたのはクンタラ王国の王女デーヴァセーナ。順調に仲を深めていく彼らだったが、バーフバリの兄バラーラデーヴァが彼女に求婚する。しかし、彼女はその申し出を拒否。バーフバリを選ぶ。深まっていく兄弟の確執は、次第に国母シヴァガミにまで。
今明かされる、バーフバリ伝説の全て…

表紙絵の弓矢番えるシーン、最高!バーフバリカッコよすぎる( ^ω^ )もう、全ての戦いが爽快!バーフバリ無双でゲーム作ろう。絶対売れるから。

前回の衝撃的ラストからはじまる今作。カッタッパ、まじ熱いおハゲ丸だぜ( ^ω^ )政治色やスペクタル感は前作をはるかに凌ぐ出来栄えで、まさに壮大な大河ドラマ。これは前後半にしないと収まらないよというボリュームでした。

ボリウッド特有の唐突なミュージカルは控えめに、戦闘がミュージカルと同化するという圧倒的コンビネーション炸裂。シヴァ神の歌、頭残りまくり( ^ω^ )

ド派手の域を通り越して、このバーフバリという作品でしかできないアクション。「300」が霞むほど。

目まぐるしい展開にしんどくなるけど、映画観てるわぁってめっちゃなる作品。全方位からお腹いっぱいの名作でした( ^ω^ )
やばすぎた
>|