女教師 シークレット・レッスンの作品情報・感想・評価

女教師 シークレット・レッスン2016年製作の映画)

여교사/Yeo-gyo-sa/Misbehavior

製作国:

上映時間:96分

3.1

あらすじ

男子校の高校の女性教師ヒョジュは非正規採用のため職場で差別され、作家志望の恋人が働かないのもストレスの原因に。ある女性正規教員が産休の間、3年4組を担任するよう命じられるが、そのクラスにはバレエ特待生の美少年ジェハがいた。一方、高校の理事長の娘ヘヨンがコネで正規採用されて後輩になるが、ある夜ヒョジュは高校の体育館で、ジェハがヘヨンとセックスしているのを目撃。しかも自身もジェハに関心を抱きだし………

男子校の高校の女性教師ヒョジュは非正規採用のため職場で差別され、作家志望の恋人が働かないのもストレスの原因に。ある女性正規教員が産休の間、3年4組を担任するよう命じられるが、そのクラスにはバレエ特待生の美少年ジェハがいた。一方、高校の理事長の娘ヘヨンがコネで正規採用されて後輩になるが、ある夜ヒョジュは高校の体育館で、ジェハがヘヨンとセックスしているのを目撃。しかも自身もジェハに関心を抱きだし……。

「女教師 シークレット・レッスン」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.9
女教師(主人公)=木村佳乃
後輩女教師(ライバル、金持ち)=豊満な新垣結衣
バレエ高校生=森山未來

以上のそっくりさんキャストでドロドロをお届けします!
みたいな感じでした。

さすがに学校(体育館)でやったらあかんやろ!!

さくっと観れますよ!
4

4の感想・評価

4.5
男子校で働く非正規雇用の女教師は産休教師の代理で担任を持つことに。
担当のクラスにはバレエ特待生ジェハがいて、彼に目を掛けるようになる。
10年間付き合っているぐうたらな彼氏との関係も終わりかけ。
そんな時、若くて美しい新任教師が理事長である父のコネでやってくる。
彼女は家柄も婚約者も美しさも何もかも完璧であった。
1人体育館でバレエの練習をしているはずのジェハを尋ねた彼女はある光景を目にすることに…。



時代錯誤なパワハラ。
ダメ男な彼氏。
何でも持ってる後輩。
彼氏にも捨てられて自分が惨めになる。
そんな時、ジェハを育てることが唯一の幸せだったのかな。
ジェハに首ったけになって、余裕がなくて
女としての喜びと怒りと絶望
怖い映画だった
教師といえども人間ってことですね 笑
何事にも我慢の限界っちゅうもんがあるわけでして
それ越えちゃったらそれなりの代償があることは覚悟しないとね 笑
男子高校生もなかなか奮闘してくれますがまだまだお子ちゃま、最後の詰めが甘かった 笑
次 もし似たようなことを企むのなら
最後まで気を緩まずに徹底しなきゃ。

キム・ハヌル × ユ・イニョンが各々魅力的な女性教員に扮し、
教師と生徒の禁断の恋愛関係を軸に
正規または非正規による階級差別だったり、
公私で抱える行き場のないストレスだったり、
社会問題と愛憎劇を盛り込んで
人間の心の奥底にある闇と狂気に支配されていく様を上手にすくい上げたキム・テヨン監督の手腕が発揮されております。


舞台は男子校、
化学を担当する、非正規の教員 ヒョジュは職場での待遇に不満をもつ
ーー正規採用の教員と比べて個人の事情を汲み取ってもらえないし、扱いが雑なのは明白だし、発言権や仕事量の配慮などがほぼほぼ皆無であるから。
また 10年付き合い同棲している、作家志望の彼についても
いつまで経ってもはじまりを書き始めずに四六時中家でゴロゴロしては、いったいいつになったらと詰問すると
”構想は出来上がっているけど書き始めるのに時間がかかる”と
毎回おなじみの言い訳を繰り返すばかり…

そんなある日
産休に入った正規教員の代理として
3年4組の担任を任されることとなったヒョジュ先生
ーーさらに教頭からは
来年は正規教員の枠に1つ空きができるからそのポストには…
ってきな話までされて。
はっきりとは言われないまでも、まあ自分が…と期待しても
全然おかしくはないですね。

が後日
若い新任の女性教員 ヘヨンが正規採用される
ーー話がちがうじゃないか…
とどうやら理事長の娘さんらしい、なるほど 笑

ただでさえ面白くないのに
ヘヨンはやたらとヒョジュに接触してくる
ーーこちらは覚えてないが
どうやら大学の後輩だったらしく、”先輩、先輩”と気安く話しかけてきて…
ーー裕福な家柄、若さと整った顔、立派な婚約者、自分にないものをなんでも手にしており見下されているような気になると…
要はいちいち腹立たしいわけですね、これが 笑
どうにかならぬものかと…
神はそんなヒョジュにひとつ”チャンス”を与えたもうた。

3年4組にはバレエの特待生 ジェハが在籍しており
放課後は体育館で練習をするため
他の生徒が出席してる自習に彼だけが出席していない。

様子を見にとある夜に体育館へ行くヒョジュ
ーーすると奥の倉庫で
ヘヨンとジェハが情事をしてるところを目撃する
ーー教師と生徒の禁断の行為を…

同じ女として、同じ教師として、
そして常識のある大人として
事態を黙って見過ごすわけにもいかない…

このネタをもち今までの腹立たしさも後押ししまして
後日ヘヨンを厳しく追及するヒョジュなのだが
この時は知る由もない…
まさかその自分も、ジェハに関心を持つようになり、
越えてはならない一線を越えてしまうことになろうとは…


なんだい先生、あんたもかよ 笑
さんざん偉そうに講釈垂れていたのに終いには愛し始めちまうとか 笑
でも観てる分には面白いからいいんですけどね 笑

教師としていい”下心”のはずが
いつからこんなことになってしまったのか、
入れ替わる主導権、
自分が知らないところでのやりとり、
そしてすべてを悟った時
抑えきれない狂気が表出する。

こんな闘い、ごめんですね 笑
タジ

タジの感想・評価

3.5
久々の韓国映画キム・ハヌル主演『女教師シークレット・レッスン』を鑑賞‼️笑わないキム・ハヌルで少し残念😧でもキム・ハヌルは大人の色気、美しさを感じますね😆💕教師と生徒の遊びなのか本気の愛なのか、苦しく嫉妬深い三角関係が描かれています🖤
非正規教諭のヒョジュは、ある日同僚の女教師が妊娠出産で休むため、クラスの担任を受け持つ。そこで出会ったバレエに打ち込む美男学生ジェハに少しずつ惹かれていく。家に同居している彼氏は10年経っても成功しない小説家で、結婚にも踏みきらずストレスが溜まっている。そこに理事長の娘で後輩のチュ先生が正規教諭として赴任してきます。ある放課後、ジェハとチュ先生のSEXしているところを見つけてしまい、嫉妬深い三角関係が始まるストーリーです。
女性の憎しみを持った行動は恐いですね、最近似た映画をよく見ますが、手加減は全くないですね、非情なぐらいの怖さにタジタジでした😱
好きなシーンは、ジェハを家に泊めて教師と生徒の一線を超えてしまうシーンですね、ジェハの顔に手を触れるヒョジュの見つめる表情が美しかった😍💕
絶対この邦題、エロ映画だと思って観に来る奴がいること見込んでつけたろw
シークレットレッスン感全然ないからな!
どっちかというとドロドロ、ホラー感ある内容。
キム・ハヌルの疲れ果てた女の顔が妙に説得力あったのがとても印象的だった。
めちゃくちゃチョイ役でイ・ギウが出てたのが嬉しかったわ。
女は年齢とか職業とか社会的立場関係なく、
いくつになっても女なんだなーと😅
最後、同じ事を思ってしまった自分自身が怖かった😨www
女という生き物はほんとに恐ろしい💧
でも、嫌いじゃないよこういう作品😂笑
原題「여교사」(女教師)
英題「MISBEHAVIOR」(不正行為)
職場で女性が不当に扱われるのってざらにあるんだよねぇ。
見事に派遣女教師を応援してしまった。
やっぱりね、韓国映画っていうのは
“差”の見せ方が本当にわかりやすくてイイ。
そして生徒役の子がカワイカッタ!ひー!
ノムキヨ~♡それだけで満足。笑
全然難しくないから、ちょっとえろちっくな
女と女の対決を見たい方はぜひ。
やっぱり借りちゃうよねぇって一人言。
masa

masaの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

恋人も仕事もなんだか上手く行かないキム・ハヌル演じる女教師。自分が見出した生徒に心を許すも裏切られ最悪の結末に。
ヤカンのお湯を顔にかける様は恐怖しかない。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.5
キム・ハヌルが怖い。
ていうか女としてこんな屈辱はない。

ただ、もっとドロドロしてても良かったかなぁ。いやぁ、にしてもあの若い女にイライラしたわー。まんまと内容にハマってるってこと?

韓国のこういう気分が落ちるような映画、好き。
>|