たいら

ユー・ガット・メールのたいらのネタバレレビュー・内容・結末

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

このテーマ曲聞いたことある!
調べたらThe Cranberries の Dreamsという曲だった。

メールでやり取りしていた相手は、実は大型本屋を出店しようとするジョーだった。

顔が見えない相手とÈメールでやり取りをして期待をふくらませるって行為は、今は当たり前かもしれないが、昔は最先端だったようで、この映画は当時大ヒットしたそう。

最後らへんに友達になるくだりは非常によかったが、ラストが。どういうふうに打ち明けるのかを楽しみにしてたが、ケリーが
「あなたでよかった。」と言っているが、友達から徐々に気持ちが傾いていく、メグライアンの演技に疑問視。やっぱりNY152の方を選ぶんだ、と思ったのになぜその言葉が。。。あれでメール相手の方に行かずにそのままジョーを選ぶという結末の方を望んでいただけに、その気持ちが見えてこなかった。なのでちょっとだけ低くしてしまった。

ただトム・ハンクスとメグライアンは両方チャーミングでよかった!
あと名台詞も多かった!