能戸淳

狂犬と呼ばれた男たち 大阪ヤクザ戦争の能戸淳のレビュー・感想・評価

5.0
ファン待望の「狂犬と呼ばれた男たち」第三弾、「カリスマヤクザ」「外道ヤクザ」に続く本作品は、川原英之さんが主人公だ。
※っていうか,「企画:HIDE」とあるのでシリーズの企画は川原英之さんなのかしら??

第1作の泰風サマや第2作の和義アニキと比べると、知名度では後塵を拝すかも知れないが、オールインエンタテイメント作品をつぶさに観てきた僕としては、その役柄から非常に注目してきたアクターだ。

今も続く長寿シリーズの「日本統一」では冷静な頭脳派の幹部。
しかし、その対局とも言える、「首領の道」シリーズや「制覇」シリーズなどの脇で魅せた「・・・狂犬か!」という演技が、この方「ならでは」の世界が出て僕らも「川原英之さん」だと認識できたり。
※「日本統一」でもいつかその「狂気」が出て来ると思うんだが・・・。

で、本作では「その路線」で突っ走っている!
もう僕はYouTubeの予告編を観て、早く観たくて観たくてしょうがなかった。
で、やっと借りられてビール片手に観た・・・うん、いいね!
「日本統一」では風格すら漂う泰風サマは、その川原英之さんの生真面目な舎弟という珍しい役柄。北代高士さんがこれまたフレッシュな舎弟を演じさせると右に出るものはいない。和義アニキは今回は組織を守るが故に英之さんと対立する頭だ。

ストーリーは・・・Amazonやオールイン社のサイトを見てね!
うん、いい作品だったわ。