qudan

女は二度決断するのqudanのレビュー・感想・評価

女は二度決断する(2017年製作の映画)
4.5
主人公を始めとした人間描写が丁寧かつ生っぽくリアリティがあって良かった。カメラワークもぐるっと回り込む動きを多用して臨場感があり計算された画作り。

序盤の爆発事件 → 家族関係の描写 → 法廷モノ → 犯人を追跡する復讐劇(サスペンス) と色を変えつつ飽きさせない構成。
そこに主人公の怒りと悲しみ、心のゆらぎと芯の強さが一本の芯を通している。

原題と離れた邦題だが、このタイトルを付けた人の気持も分かる気がする。