女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

ドイツの名匠ファティ・アキン監督がダイアン・クルーガー主演で、突然起こった悲劇で家族を奪われた悲しみのヒロインが、追い討ちかけるように被る理不尽を通して最後の「決断」に至るまでをエモーショナルに描く本作は、ラストの衝撃度も含めて激しく心を揺さぶる。
トルコ移民男性と結婚して一子をもうけたヒロイン・カティヤを襲った悲劇の背景には、欧州全体を覆う移民・難民問題に端を発した極右政党の台頭や排外主義の高まりがある。
このような問題をモチーフで取り上げると社会派作品になりがちだが、ファティ・アキン監督は飽くまでカティヤの視点で、パーソナルな物語として描いていく。
映画は「家族」、「正義」、「海」という3章構成で、各章におけるヒロインの「色(心の色)」があり、その「色」をダイアン・クルーガーが見事に表現していて、観ている我々は思わず彼女に感情移入してしまう。
この作品は「ドイツ警察の戦後最大の失態」と呼ばれる実話を元にしているが、被害者であるヒロインが、夫がトルコ移民で前科持ちとか、薬物問題とか、本筋とは関係ないところで理不尽に足をすくわれる様を浮き彫りにする。
不条理な悲劇に見舞われ、理不尽な決定を下された彼女はどのような決断をして実行に移すのか?
予想だにしない結末は観る者を置き去りにし、欧米だけに限らない、世界を覆う切実な問題を提起する。
私ならどうするかなって映画中ずっと考えてた
ねーね

ねーねの感想・評価

3.5
幸せな結婚生活は、ネオナチの残忍な爆破テロによって引き裂かれた。
最愛の夫と息子をある日突然奪われたカティヤは、やがて二度、決断をする…

悲しみは怒りを呼び、怒りは憎しみを、憎しみは復讐を、そして悲しみを引き起こす。

これは、復讐の映画だ。
テロの恐ろしさではなく、家族をなくし取り残された被害者の人生に焦点を当てることで、どうにもならない負の連鎖を目撃させることに成功している。
行き着くところがどこであれ、テロで失われた人生、残された者の人生は取り戻せない。
だから永遠にテロはなくならないのだと理解する。
あのタトゥーの意味とは…
観終わった今、腑に落ちるか、落ちないかは我々次第。

人種差別、抗争、テロ、報復。
ドイツに限らない現代の闇をまざまざと見せつけながらも、決して正しい解決法などないのだという、根深いやるせなさを我々に残していく。
そう、これが現実なのだと。

初めて母国語で演技をしたというダイアン・クルーガーは、水を得た魚のようだった。
彼女の細い身体の奥底から燃え上がる感情の炎はもはや演技とは思えず、その慟哭に、私の心も打ち震えた。

三部構成で区切りをつけながら、サスペンス要素もうまく絡めることで、重いテーマながらも映画らしく観やすいつくりに。
Queen of the Stone Ageのジョシュ・オムがサントラを担当しており、彼らの楽曲the Bronzeの無骨さがしっかり作品にはまっている。
ずっしりと心に残る秀作。
adagiette

adagietteの感想・評価

4.5
原題は Aus Dem Nichts  日本語にはしづらい .. out of nothing
英語題は In the Fade うーん 余計わからん。

ヘイト・テロで 夫と幼い息子をアッという間に失った女性が、悲しみと無力感で、もう自分には何も残っていないという思いから、動き出す .....
そういう感じだろうか?

移民・難民の問題に揺れ続ける欧州だが、その感情がテロという形で噴出するときを、被害者遺族の心情に絞り込んで描いている。
クルーガーは息子を夫のオフィスに置いて、友人とスパに出かける。
そのなんでもない日常の時間が、爆弾テロで引き裂かれる。クルーガーの証言、加害者父親の通報もあって、犯人は特定され逮捕される。
裁判だ。

ところが、検察・警察の証拠およびクルーガーの代理人弁護士の尽力にもかかわらず、証拠が弱いという理由で犯人は無罪となる。
作品の中ではメンションされないが、判決には 加害者がドイツ民族であることや被害者が薬物取引の前科がある移民であることも配慮されたんだろう。被告側の凄腕弁護士、あの人もたぶん極右思想に共鳴する人物。

が、法廷シーンは演技こそ見事だが 構成はいささかザツ。
うーん詰め甘いよ これは.... 上告するか?というあたりから、話は本線に入っていく。
クルーガーが 意思を固めていく表情は、本当に痛々しい。
自問自答。
おさえても膨れていく憎悪。
同時に大きくなる自己否定。
なによりも どんどん濃くなっていく喪失感。。

どれほど苦しいことであるか。

邦題はいささか陳腐だが、見終わると考えてしまう。
二度......二度めは わかる。
では最初の決断は、いつ?何を?

ヘイトは対岸の火事ではない。
異民族・他人種を どんな理由で排除してみても ....
それは自らに戻ってくる。
流石ファティ・アキン!約2時間スクリーンから凄い熱量を感じ、深く心が揺さぶられた。
爆弾テロにより一瞬にして家族を失ったダイアン・クルーガー。彼女の熱演が本作に物凄い熱量を注ぎ込んでいるのは間違い無い!犯人に対する憎しみとやるせなさを的確に表現し、「自分ならどうなってしまうのか?」という絶望感を鑑賞中に突き付けてくる。
中盤の法廷サスペンスも観ていてハラハラする。退屈になりがちな中盤を盛り上げ、飽きさせず終盤に繋げてくれる。特にクズ被告を弁護するドクズな弁護士を一蹴するシーンは辛い展開が続く本作の中に一際輝いており胸が熱くなる。
そして、終盤はどうするのか?タイトルの「決断」とは何なのか?と展開を見守るしかないハラハラ感。最後の展開も含めてヘビーで力強い映画だった。
監督が何故本作を作ったかが気になったので、パンフを読んで納得。同時に、世界中どこで起きてもおかしくは無いことを改めて知り、恐怖を覚える。
oka

okaの感想・評価

3.9
2度目の決断に納得!
このタイトルは、、間違いではないけど…壮大なネタバレ、、なのでは、、笑
郵便配達は二度ベルを鳴らす、みたいなんを意識してるのかも知らんがこれは駄訳なので減点。アホか。
内容っつーか主演女優は超良かった。
ビジュアルやたらイケてた。
確かに2度決断してたととれるし。
精神的に鎖国してて根本的には排他的な島国日本に生まれたわたしにはおよそ理解は及ばない思想とか宗教とか移民とか人種の問題って当事国にとってよっぽどセンシティブなんだろーな。でもラストの決断(笑)はこの人はサムライなのかな?って思った。
kkcckkcc

kkcckkccの感想・評価

3.8
いかにもヨーロッパっぽい寓意の見せ方
ラストは、あれはズルいよね
大切な家族との当たり前の日常が、突如奪われたら、自分ならどうするか?
想像するだけでかなり辛い。
ダイアン・クルーガーの表情を見ているだけで、その痛みが伝わってきた。
主人公が決断した行動を批判出来ない。
彼女はきっとそれ以外考えられなかったんだもの。
ラストシーンはとても青く爽やかだった。
さち

さちの感想・評価

4.2
ダイアン・クルーガーの名演っぷりが素晴らしい👏
ネオナチ、外国人、宗教…

ラジコンが伏線になっていたとは…

母の日に凄い母見た…
>|