女は二度決断するの作品情報・感想・評価

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

ドイツの名匠ファティ・アキン監督がダイアン・クルーガー主演で、突然起こった悲劇で家族を奪われた悲しみのヒロインが、追い討ちかけるように被る理不尽を通して最後の「決断」に至るまでをエモーショナルに描く本作は、ラストの衝撃度も含めて激しく心を揺さぶる。
トルコ移民男性と結婚して一子をもうけたヒロイン・カティヤを襲った悲劇の背景には、欧州全体を覆う移民・難民問題に端を発した極右政党の台頭や排外主義の高まりがある。
このような問題をモチーフで取り上げると社会派作品になりがちだが、ファティ・アキン監督は飽くまでカティヤの視点で、パーソナルな物語として描いていく。
映画は「家族」、「正義」、「海」という3章構成で、各章におけるヒロインの「色(心の色)」があり、その「色」をダイアン・クルーガーが見事に表現していて、観ている我々は思わず彼女に感情移入してしまう。
この作品は「ドイツ警察の戦後最大の失態」と呼ばれる実話を元にしているが、被害者であるヒロインが、夫がトルコ移民で前科持ちとか、薬物問題とか、本筋とは関係ないところで理不尽に足をすくわれる様を浮き彫りにする。
不条理な悲劇に見舞われ、理不尽な決定を下された彼女はどのような決断をして実行に移すのか?
予想だにしない結末は観る者を置き去りにし、欧米だけに限らない、世界を覆う切実な問題を提起する。
見応えはある。これでもか、というぐらい重く苦しい映画だった。
たっぷり尺をとった長期に渡る法廷シーンも緊張感が途切れず、延々と苦しかった。
その後、舞台が一転して美しい情景にホッとするかと思いきや、その願いは裏切られる。
ヒロインが隠れて人を待つとあるシーンで、自分の鼓動が聞こえるぐらいドキドキした。
お願い、お願い・・と祈るような気持ちで見ていた。
ネオナチの存在が厳然たるリアルであることを思うと、とても怖い映画だった。
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.2
ただの復讐劇ではない。
人種差別も絡んだ社会的問題に一石を投じている。
pecoo

pecooの感想・評価

3.6
カティヤ(ダイアン・クルーガー)は、激しくて真っ直ぐな感じ。ブラックジーンズ、黒のタンクトップ、ニット、革ジャンとかカッコいいけど、どこか他人をはねつけてるような印象。それはそのまま、移民へのあからさまな差別が身近にある状況を映してるかのよう。

エンドクレジットで、QUEENS OF THE STONE AGE、FAITH NO MORE 等のバンド名が出てたけど、良くも悪くも情動的なスタイルって、暴力がある環境を生き抜く一つの知恵なのかなって気もする。
タイトルが出オチでした。。
内容は良いような悪いような…
あまりスッキリしなかったです。
dwuuuun

dwuuuunの感想・評価

3.9
ギンレイホール
181015
ギンレイホール
2018-082
jumo

jumoの感想・評価

3.5
え、なになに!目には目を歯には歯をってことですか〜〜!?てなってから眠気吹っ飛んだけどラストのそうするしか無いか〜〜感がなあ
daidai

daidaiの感想・評価

3.8
主演・ダイアン・クルーガーの情感あふれる演技。緊迫感のある法廷シーン。家族との幸せな思い出のシーンが、ラストの壮絶さに繋がる伏線になっていく演出。素晴らしかったです。間違いなく、観て損はない映画ですが、二度観るのは苦しすぎる映画です。
>|