女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

ドイツの名匠ファティ・アキン監督がダイアン・クルーガー主演で、突然起こった悲劇で家族を奪われた悲しみのヒロインが、追い討ちかけるように被る理不尽を通して最後の「決断」に至るまでをエモーショナルに描く本作は、ラストの衝撃度も含めて激しく心を揺さぶる。
トルコ移民男性と結婚して一子をもうけたヒロイン・カティヤを襲った悲劇の背景には、欧州全体を覆う移民・難民問題に端を発した極右政党の台頭や排外主義の高まりがある。
このような問題をモチーフで取り上げると社会派作品になりがちだが、ファティ・アキン監督は飽くまでカティヤの視点で、パーソナルな物語として描いていく。
映画は「家族」、「正義」、「海」という3章構成で、各章におけるヒロインの「色(心の色)」があり、その「色」をダイアン・クルーガーが見事に表現していて、観ている我々は思わず彼女に感情移入してしまう。
この作品は「ドイツ警察の戦後最大の失態」と呼ばれる実話を元にしているが、被害者であるヒロインが、夫がトルコ移民で前科持ちとか、薬物問題とか、本筋とは関係ないところで理不尽に足をすくわれる様を浮き彫りにする。
不条理な悲劇に見舞われ、理不尽な決定を下された彼女はどのような決断をして実行に移すのか?
予想だにしない結末は観る者を置き去りにし、欧米だけに限らない、世界を覆う切実な問題を提起する。
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

3.6
唯一の救いがあるとすれば復讐という、あまりにもやるせない話。
土砂降りの悲しみのスタートに対し、晴天で迎えるラストは不思議と爽やか。
法廷での議論のテンポの良さや、後半のスリリングな展開など、飽きさせない映像でした。
ricky

rickyの感想・評価

3.0
一度目の決断の後の二度目のあの決断。
私には出来ないな、と思いました。
観た後に気分が重くなる映画でした。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.3
とてつもない悲しみと重み、苦しみに押し潰されそうな感覚。その二度の決断は「自分ならどうするだろう」と熟考せずにいられないもの。

二度目の決断。もしかしたら僕も同じ決断をするかもしれない。それが良いか悪いかは別として、本能的にそう思う。
しかし人によっては決して受け入れられないだろう。人それぞれの信条の多様さ。そもそもそれによって争いが生じる訳で、正解の出ない命題を突きつけられた気がしました。

主演のダイアン・クルーガーの演技が圧倒的。感情移入し過ぎて、その日一日グッタリでした。
あよい

あよいの感想・評価

4.0
マージナルな立ち位置にいる人への偏見や差別意識が辛い、救いがない
ずいぶん前にみた『異国の肌』を思い出した
Chii

Chiiの感想・評価

4.0
二度目の決断がすべて
sy

syの感想・評価

3.9
怖い、そして内容が重い

かなり良く出来た映画。扱うテーマ、そして演出が素晴らしい

加えて、画の撮り方もとてもよくて、ダイアン・クルーガーがバスタブで自殺を図るシーンは圧倒的であった
FeMan

FeManの感想・評価

3.8
機内にて
minico

minicoの感想・評価

3.6
重い。。。
非常に重いが良作。役者も素晴らしい。
エンディングテーマがまた泣かせる。
社会問題に興味があるのであれば観ておいて損なし。
ドイツ側のテロ、という視点
>|