女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

Lisa

Lisaの感想・評価

4.1
キツい辛い苦しい。直接的な描写はそんなに無いのに、ずっとヒリヒリする。

1人の女の独りの闘いであって、他人には全く興味ないって感じが潔い。
1章では彼女から両親、義理の両親、友人が自然と離れていき、2章はずっと裁判だから話し相手はほぼ弁護士だけ。そして3章ではついに1人で考え決着をつけることになる。後押しするのは幸せな過去と、広大な海。物理的には終わりに向かって段々1人になっていくわけだけど、カティヤは最初からずっと独りで闘ってる印象を抱く。
主観的な描き方だからってのはもちろん、彼女が普通の善良な人間じゃないって事もあると思う。ちょっと不良ちゃん。被告人に突っかかろうとするし、薬物依存疑われるし、、ああ、辛くなってくる。

原題の『Aus dem Nichts』は「どこからともなく」って意味らしいけど、邦題の方が合ってる気がする〜。
たきび

たきびの感想・評価

3.5
虚しさだけが残る
AtsuyaGoT

AtsuyaGoTの感想・評価

4.2
面白かった〜、ダイアン クルーガーの演技素晴らしい!

法廷シーンもなんか見応えあったな〜
Yukko

Yukkoの感想・評価

4.2
ドイツで台頭するネオナチに、トルコ系移民で元犯罪者の夫(更生済)と子供を殺された嫁が復讐する話

犯人と法律がほんとーーーーに💩で最後までハァ????っていう怒りと絶望。
主人公にがっつり感情移入しながら鑑賞

ネオナチの女の方の声があからさまにアホっぽい
Iman

Imanの感想・評価

3.8
うーん、辛い。
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

3.6
唯一の救いがあるとすれば復讐という、あまりにもやるせない話。
土砂降りの悲しみのスタートに対し、晴天で迎えるラストは不思議と爽やか。
法廷での議論のテンポの良さや、後半のスリリングな展開など、飽きさせない映像でした。
ricky

rickyの感想・評価

3.0
一度目の決断の後の二度目のあの決断。
私には出来ないな、と思いました。
観た後に気分が重くなる映画でした。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.3
とてつもない悲しみと重み、苦しみに押し潰されそうな感覚。その二度の決断は「自分ならどうするだろう」と熟考せずにいられないもの。

二度目の決断。もしかしたら僕も同じ決断をするかもしれない。それが良いか悪いかは別として、本能的にそう思う。
しかし人によっては決して受け入れられないだろう。人それぞれの信条の多様さ。そもそもそれによって争いが生じる訳で、正解の出ない命題を突きつけられた気がしました。

主演のダイアン・クルーガーの演技が圧倒的。感情移入し過ぎて、その日一日グッタリでした。
あよい

あよいの感想・評価

4.0
マージナルな立ち位置にいる人への偏見や差別意識が辛い、救いがない
ずいぶん前にみた『異国の肌』を思い出した
Chii

Chiiの感想・評価

4.0
二度目の決断がすべて
>|