女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

『スリービルボード』が刺さった方なら、是非ともオススメしたい作品です。いやぁ…日本ではなじみが薄い移民と差別問題がテーマなんですが、描写が本当に繊細で、しかも主人公の心の動きによって、ホームビデオカメラで故意に手ブレを起こしたり、裁判のシーンでは複数のカメラを駆使したワークだったりと、この監督ほんとに巧い!BGMも煽るようなものは使わず、女優の演技力と自然界の流れを本当に上手に使っている。天才なんじゃないかと何度も感じました。ドイツが舞台の映画なんて滅多に観ることはなかったけれど、すごい作品でした。脚本も素晴らしかった。日本だけですよ、ぬるま湯でのほほんとしているのは。どこの国にもある問題ですが特にドイツはアドルフ・ヒットラーなんて怪物を産んでしまったためのツケを未だに払わされているわけで、宗教的な差別であるとかも含んでいたりと、とにかく盛りだくさん。そして主人公が決断したふたつのことには、たくさんの意見が出ると思いますが、映画好きな人たちと語りたくなる結末でした。
Asami

Asamiの感想・評価

-
女の赤い血の色

リストカットをした腕の血が滲む湯船、久しぶりにきた生理、そしてラスト
すず

すずの感想・評価

3.0
原題[虚無から]

1度目の決断にホッと安心し
2度目の決断に思わず天を仰いだ

個人的に最悪の結末

あぁ…あぁ…それはダメだ………


ダイアン・クルーガーの辛さ悲しさの演技は必見👏


~~ここからネタバレ~~






家族を殺されてしまった妻の辛さがよく表現出来てたため、観客も彼女目線で決断を見守ることになる。

1度目の決断で無罪になった犯人たちを同じ方法で復讐しようとするが、思いとどまる。

復讐を決断するも色んな葛藤があっただろうし、[スリー・ビルボード]のように連鎖を絶ち〈赦し〉に至ったのかと思った。私は胸を撫で下ろした。


でも2度目の決断でそれが違うことがわかり、彼女にとって復讐を止めるという考えがなかったことに気付く。ただ、その後のこと、自分のことを考えていたのか…。一緒に死ぬというのは、家族のいない世界を生きる意味が無くなってしまった彼女にとっては正しい選択だったのか?

この選択の捉え方で後味が決まる。

私は正しいとは思えない。
確かに生きる意味がないかもしれない。
だけど、自殺はダメ。絶対ダメ。
どんなことがあっても自らこの世界からいなくなるのはダメ。

罪を犯し、生きていくのも復讐心は満たされるけど、絶対罪悪感も残り続けると思う。それもダメ。

じゃあ何が正解か。正解とは言いたくないけど、上告し、認められた手段で犯人と向き合うこと。例えそれで無罪になってしまっても。極論〈赦す〉しかないとも思う。世界は理不尽で不条理だ。それでも生きることを放棄してはいけない。

私は非情だろうか。当事者じゃないからそんなことが言えるんだろうな。


それでも彼女に生きて欲しかった。
また人生を歩き出して欲しかった。

あぁ…あぁ…天を仰ぐしかない結末に
私は笑顔を無くして劇場を後にした…
ドイツ版スリービルボード?これもまた赦しの物語か。ドイツのトルコ移民とネオナチってテーマ選びがそう思わせるんだろうか。
冒頭から、まるでドキュメンタリーを見ているような臨場感でこの世界観に引き込まれた。吐きそうなほど、リアルな問題作。
NF

NFの感想・評価

3.7
二度決断することの決意の重さ
たきび

たきびの感想・評価

3.5
虚しさだけが残る
AtsuyaGoT

AtsuyaGoTの感想・評価

4.2
面白かった〜、ダイアン クルーガーの演技素晴らしい!

法廷シーンもなんか見応えあったな〜
Yukko

Yukkoの感想・評価

4.2
ドイツで台頭するネオナチに、トルコ系移民で元犯罪者の夫(更生済)と子供を殺された嫁が復讐する話

犯人と法律がほんとーーーーに💩で最後までハァ????っていう怒りと絶望。
主人公にがっつり感情移入しながら鑑賞

ネオナチの女の方の声があからさまにアホっぽい
Iman

Imanの感想・評価

3.8
うーん、辛い。
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

3.6
唯一の救いがあるとすれば復讐という、あまりにもやるせない話。
土砂降りの悲しみのスタートに対し、晴天で迎えるラストは不思議と爽やか。
法廷での議論のテンポの良さや、後半のスリリングな展開など、飽きさせない映像でした。
>|