いで

ジュピターズ・ムーンのいでのレビュー・感想・評価

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)
3.0
正直、一度の鑑賞で話の細かいところまでは理解ができなかった。

出だしから違法に越境しようとする難民たちが警備隊から逃げるというかなり重たい展開。そこからイヤな刑事が出てきたり医療ミスの話があったり、さらにはテロも絡んできて、終始話が重たいうえにファンタジーやSF要素がないからか、終始浮遊に対する驚きも高揚感もなかった。

宗教観の違いなのかもしれないけど、自分は浮遊=天使とはならないので、浮遊を見た人の気持ちが飲み込みづらい所もあったのかも。主人公自身もあんまり天使っぽい感じなかったし。

確かに美しいカットや面白いカットもいくつかあったけど、あんまりアガらなかった。クロニクルと比べると浮遊できるようになった主人公の反応がピンと来なかったこともあるのかも。

それもあってか、上映時間以上にかなり長く感じた