ジュピターズ・ムーンの作品情報・感想・評価

「ジュピターズ・ムーン」に投稿された感想・評価

未体験の浮遊感!
天と地も、飛び方も、何者かも分からない中での浮遊はこんなにも特別感があるなんて。

異質な者を前にした人は、崇めるのか、排除するのか。
そら

そらの感想・評価

3.6
話に重みがないという意味では名実ともに重力映画
人におすすめはしないけど結構好きな作品です
予期せぬ傑作。

空中浮遊できる主人公という設定は何度となくあったが、そこにヨーロッパの政治情勢を絡ませたのが見事。
しかもCGではなくカメラワークやワイヤーでの撮影により、手に汗を握る緊迫感が伝わる。

クライマックスのワンカットカーチェイスなど映画としての見所も多く、近年のお金で何とでもしてしまうハリウッド映画とは一味も二味も違うレベルに。
うーーん、センス良いなぁ。。
去年映画館で観た。

映像が凝ってて良かった。

けど結末が思い出せない。
minacco

minaccoの感想・評価

3.7
不思議な作品。
浮遊する彼に焦点を当てる撮影法がすごく自然で、自分も浮いてるような感覚に陥る。
映像がとにかく印象的。
ストーリーはよく分からない。
ナゾのまま始まり、ひとつも解決せず終わる…
ごめん、一時間くらいでリタイア。大人になったらまた見るわ…
予想外の作品で良作
飛ぶではなく浮く。
空中浮遊というのが何とも神々しい。
神とは何か?哲学的な映画と思うとアクションありで特にカーチェイスシーンがワンカメ、ワンカットで素晴らしいですね!
Fuko

Fukoの感想・評価

4.0
人間が産み出した最も美しい概念
神 奇跡

シリアから命からがら逃げてくる難民たちの残酷な現実
そのことを作者は世界の人に知ってほしいのだろう。そこに天使を配した作者の思いが胸を突いた。

2000年の歴史を持つ宗教の国の人々は浮遊している人間を見れば、
恐れよりも何よりもそれは天使に違いないと思うのだろう
凄まじい現実の前でこの美しい概念は
救いをもたらすことができるのだろうか?
>|