2重螺旋の恋人の作品情報・感想・評価

「2重螺旋の恋人」に投稿された感想・評価

スティーブン・キングの『ダーク・ハーフ』を思い出す展開。
norisio12

norisio12の感想・評価

2.8
次に観るべき映画
「危険なプロット」
みーる

みーるの感想・評価

2.5
解せないんだけどオゾン監督の着眼点って独特で引きつけられるんだよな〜。
フィクションなはずなのに、妙にリアルだから怖い。
マリーヌ・ヴァクト美しい。
それにしても、いつも唐突にぶっ飛んでくる不思議
haru

haruの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

もしも彼氏が双子だったら。

ちょっと心を病んでるクロエは、担当カウンセラーのポールと付き合うことに。ある日仕事帰りに、ポールそっくりの人間を発見。彼の正体はポールの双子の兄ルイ。ところがポールはルイの存在を隠しているようで、クロエに何も教えてくれないのだった。

「なりたい顔No. 1」なマリーヌ・ヴァクトはショートも似合うー!!「17歳」に続き、今度は25歳の元モデル設定。あんなスタイル良い美術館の監視員はなかなかいない。
今回のオゾンは、双子系ミステリー。最初ルイとポールは同一人物かと思ったんですが、ルイ自体がクロエの妄想だったらしく、実は双子だったのはクロエの方でした。ルイが三毛猫の話をしていたことから(クロエの妄想)、クロエはこの事実を知っていたことになりますけど、そうじゃなければ彼女の知らないところで片割れの意識が流れこんでいたとか、ホラーっぽくもなってきます。終盤な腹が裂かれてクロエの腹から何かが出てくるシーンではSFになっちゃったし、やっぱりオゾン好きです。ラストはクロエはやっとその呪縛から逃れられたというハッピーエンド?と受け取りました。
次の作品も楽しみです。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.3
具の中身は観せてもOKと言う日本映画の倫理の線引きを知る作品。

もういい加減温泉のタトゥー禁止と同じくらいにボカシは時代錯誤。だと思う。

で、本編。
良くも悪くもフランス映画

嫌いじゃないけどね...
Ibuki

Ibukiの感想・評価

-

終盤畳み掛けて怖い
265

265の感想・評価

3.0
我々の想像力を掻き立て、さらにその上をゆくものを観せてくれるフランソワ・オゾンの双子ミステリー。

"双子"というものに惑わされる女性。なぜ惑わされるのか?やめておけばいいものの、どこまでも欲望に忠実な彼女。なぜ執着するのか?最後に明らかになる秘密に思わず叫んだ。














ピノコじゃん!!!!

2019/55
LEE

LEEの感想・評価

3.5
スタイリッシュかつグロテスク。
dominion

dominionの感想・評価

1.8
これは個人的な妄想ですが、こう言う症例があるから軸にして話しを綴ってみました!って感じ。
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.5
現代的な映像が観たくなり、なんとなく手に取った。そういえば上映時に気になっていたものの、スタイリッシュな恋愛モノかな?と思い見送ったなぁと。

こ、これは…

グロいもエロいも美しいも、ねっとりと詰め込まれていました。緻密で繊細なのかと思いきや、ドーンと思い切りのいい音楽や表現もあり。気持ちが一箇所に留まることを許されず、うかうかしてられませんでした。

レンタルしたDVD、本編前の別作品紹介にホラーが連なっていたので??でしたが、観終わってみて納得です。

はじめのフランソワオゾン。なんともアーティスティックでした。好きかと問われれば分かりませんが、とっても余韻を残してくれました。

ショートカットの華奢体型もモロ好み。
>|