ビューティフル・デイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ビューティフル・デイ2017年製作の映画)

You Were Never Really Here

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

「ビューティフル・デイ」に投稿された感想・評価

YCAM爆音映画祭2019

痺れた。
音が…とにかく音が迫ってきて、ラストまで緊張していた。
爆音だからこそなのかもしれない。
とにかく衝撃的。
ラストがいっそ清々しかった。

エピソードの見せ方が秀逸。
説明するわけではなくランダムに映るだけなのに、ジョーの過去も苦悩も哀しみも…全てが伝わってきた。
ホアキン・フェニックスの佇まいがただただ切なく哀しい。
『ジョーカー』も楽しみ。
花子

花子の感想・評価

3.0
リアルじゃないのにリアル
とても難解。ストーリーは単純なんですが、難解でした。
ですが妙に惹きつけられる映画でした。個人的には、「ドライヴ」を観た時の感覚に近いかもしれません。
それにしても敵の決断が激しすぎる。まるでフリーザみたいな発想で、そこはちょっと驚きました。
kiu

kiuの感想・評価

3.0
ハンマー使いの映画

おっさんと少女。どうせ、これまで散々擦られまくってツルツルの玉になってる『レオン』のフォロワーなんでしょ?もうええわぁっとスルーしてましたが、『ジョーカー』観たので、ホアキンフェニックス目当てで観賞。

アマゾンスタジオの映画は初めて観るかも。ロジスティクス。物流が世界を制すですなぁ。流石グーグルと並んで、スカイネット(サイバーダイン社)に一番近い企業だ。デデンデンデデン。(ターミネーター脳)

本作品、主人公の幼少?アフガン?のPTSDによるフラッシュバック映像と不安定な音楽で、その壊れた精神と同じく、全体的に不安にさせる演出のままラストまで持っていきます。最後のファミレスでのシーンに「え?」っとなってモヤモヤしたままエンディング。徹頭徹尾に不安定でした。

ホアキンに狂人演技はお手のものだね。その上であんなダルダルボディをジョーカーに仕上げた役作りは凄いわ。
ナポリ

ナポリの感想・評価

4.0
観る側に解釈を委ねるシーンの数々、不安を煽る様な音楽・音の使い方、ハードな描写、ホアキンの演技。
結構好みが分かれそうな映画だけど自分はめっちゃツボった。
ラストのセリフが最高やね。
matsukawa

matsukawaの感想・評価

5.0
凝りまくった映像は全て意識の流れにきっちりシンクロしていて凄い。
ホアキンの演技に見えないハイパー名演と相まって、自分の事のようにするすると身体に入って来てしまう。
そして最後の救済でこちらも救われたような気持ちに。
忘れられない作品です。

ジョーカー未見なので、今のところホアキンのベストアクト。

サイコのモノマネ、可愛かった。
mimu

mimuの感想・評価

3.6
なんともジャンル分けし難い作品。でも好きなジャンル。観た後にワンカットワンカットを思い出しながら繋ぎ合わせる作業を要するけど、それがまた良い。重厚な赤ワインのような重厚感とホアキンの激渋な演技が堪能できるのは間違いなし。
リム・ラムジー脚本・監督作品。ジョナサン・エイムス原作小説。ホアキン・フェニクス主演映画。謎の殺し屋、道具はハンマー、自殺願望、過去のトラウマを抱えた彼に少女ニーナの救出を依頼される。救出成功後すぐに誰かに連れ去られる。そして依頼主の自殺、依頼の代理人、母親など色々な人が殺害されていく、再び救出に成功。彼女と二人でどこかへ…ジョーとニーナ物語。難しい映画でした。タクシードライバー?レオン?ホアキン・フェニックスのジョーの迫真の演技は良かったです。
>|