みうさん

ビューティフル・デイのみうさんのレビュー・感想・評価

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)
-
Filmarks さんのオンライン試写会で観ました。好みのタイプの絵と音楽で、序盤と中盤、エンディングに胸に迫ってくるものがあって泣いた。フラッシュバックが多いし、何が起きてどうなったかをはっきりとは言っていない(説明などない)ので、分かりにくいといえば分かりにくい。これは観た後あーでもないこーでもない言えるいい映画。ちょいちょい雑音(人の話し声、断片的にしか聞き取れない)がしているシーンがあって、そういうことなんかな…ってちょっと思う。音楽はジョニーグリーンウッド、環境音とリンクする感情音の混ざったアンビエント寄りでとても良い。もっと暴力的かと思って身構えていたけど、そこまでではなかった。ホアキンのアップのあのシーン以外は。「愛は陽炎のように」のシーンがなぜか好き。変なシーン。これはホアキン賞獲れるわ。
やっぱりこれ、邦題はミスリードを誘うのでは?確かに使われているセリフだけど、そうじゃなくて度々「あなたは本当はそこにいなかった」描写があるのだから。タイトルの出方というかアバンタイトルカッコいい。
字幕翻訳/金関いな
劇場でも観ました。
t-joy品川 スクリーン2 G列
やっぱりいいすごくいい。