HeroM

ビューティフル・デイのHeroMのレビュー・感想・評価

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)
3.4
You Were Never Really Here
原題の方が効いている。
ラスト、彼らはたしかに存在し始めた。
サイコ、ハンマー、トラウマ、カウントダウンと自殺願望、存在と非存在。上手にオーバーラップさせ破壊と再生を描く。シリアスな雰囲気を演出するレディへの音楽も良い。

裏のストーリーが平凡で弱いか。
ボヤボヤしてると置いていかれる行間の白さ。もう少し間延びさせないと最後まで置いてかれるし駆け足感が否め無い。行間を読ませるならもっと太らせないとパンピーには難しい。短すぎても長すぎてもよろしくないということか。