ビューティフル・デイの作品情報・感想・評価

ビューティフル・デイ2017年製作の映画)

You Were Never Really Here

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

「ビューティフル・デイ」に投稿された感想・評価

HeroM

HeroMの感想・評価

3.4
You Were Never Really Here
原題の方が効いている。
ラスト、彼らはたしかに存在し始めた。
サイコ、ハンマー、トラウマ、カウントダウンと自殺願望、存在と非存在。上手にオーバーラップさせ破壊と再生を描く。シリアスな雰囲気を演出するレディへの音楽も良い。

裏のストーリーが平凡で弱いか。
ボヤボヤしてると置いていかれる行間の白さ。もう少し間延びさせないと最後まで置いてかれるし駆け足感が否め無い。行間を読ませるならもっと太らせないとパンピーには難しい。短すぎても長すぎてもよろしくないということか。
hiro

hiroの感想・評価

2.5
トラウマに苛まれる殺し屋と少女の話!
全体的に重苦しい感じであんまり好きじゃない(。-_-。)
おじさんがメンヘラ

少女もメンヘラ

撃たれた敵もメンヘラ

みんな夢の中に生きてるんだよなぁ


話自体はミステリーの様相を呈しているが謎解きしてる感覚は全くない。フィーリングで進んでく感じが凄い。
常にダウナーな雰囲気でいかにも意味ありげな謎シーンが多いが、死にたくなるとこういうことをしたくなるのはなんか共感した。

最後の終わり方は好き。
直前との対比でギリギリ後味の良さを保ってる。
切身

切身の感想・評価

3.6
ぬぉーーー。すごい重厚感。
演技も音声も。
サブリミナル効果的な過去回想が重い…。

邦題からは想像がつかなかったよ(笑)。←最近このパターン多い

死を知るものはただ生きてるというそののとだけで美しく感じるのかもしれない。
傷ついた兵士がまるで贖罪のように残虐な殺しを行いながら、家出ゃ拐われた少女の救出を請け負う

でも、こんな見方もある

ジョーゎレオン
母親ゎあの窓辺の植物
ニーナゎマチルダ ...

そして、こちらゎハピーエンド🎵

ホアキン・フェニックスの禍々しくも気だるく異質な演技に魅せられてしまうサイコな展開❗

ニーナ、最高にサイコ❤

( ̄□||||!!
komatsu

komatsuの感想・評価

1.0
がんばったけど、気持ち悪くて最後まで見られなかった。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.8
オノ・ヨーコばりのあらゆる全てを肯定する「YES」というよりは、今日は天気が良いからという理由だけの「yes」を観た。真顔というには弱過ぎるし、もっと中途半端な力みのない肯定。それでも、やっぱり、人生は続ついてしまうようだ。
yori

yoriの感想・評価

3.0
途中、途中のホアキンのトラウマ回想とこっちの神経を逆撫でするキリキリするようなBGMが印象的。
自分が撃って死にそうな男の側に横たわり一緒に歌を口ずさみ、手を握り合いながらのお見送りが斬新やった。
絶賛される要素がわからん
>|