りょーた

ラブレスのりょーたのレビュー・感想・評価

ラブレス(2017年製作の映画)
3.5
登場人物のほとんどが
最低な人たち
始まらから終わりまで
こんな不快な映画もあんま無い
この映画の季節は冬で
ほとんど雪が降ってる
雪のように
冷たい映画という意味があるのかな
登場人物のほとんどが雪のように
冷たい印象でした

ただただ悲しい 寂しい 重たい映画でした
ずっと脳裏に焼き付く映画
見た事を後悔した
矛盾だけど嫌いではなかった