ゆうき

ラブレスのゆうきのレビュー・感想・評価

ラブレス(2017年製作の映画)
4.0
不幸の理由を他人のせいにしたがる女と、優しく出来ない理由を相手のせいにしたがる男が奏でる不協和音の家族の物語。あの子の泣き顔が胸に焼き付いて離れない。それぞれの理屈はあったのだろうけど子供にあんな顔をさせてはいけないよ。
でも吐き出される本音はどこかひとごとではなくて、完璧な愛や幸せなんてなくて、満たされてはいても常にどこかに不満や悲しみを包含している、それが日常なんだろうなとも思う。しかしあの国は消えた子供に冷たいんだな、今も変わらず。